« 米韓FTA「毒素条項」とは言い得て妙 | Main | そううまくいくかな。 »

11/10/2011

読売は読者に諭しているのだ。天下の木鐸として。

読売11月10日朝刊社会面「ニュースどれどれ」
政治家自身が「今までは報告書の修正で済んでいた」と言ったり、実害がない形式犯だと切り捨てたりしていいのかな。「政治とカネ」の問題を軽くみているんじゃないかと心配だよ。
・・・・秘書や現職議員の元秘書が逮捕され、小沢本人は起訴されて裁判にかけられている。
特捜は今まで政治資金報告書の修正をした政治家や秘書の全員を少なくとも取り調べをしなくてはならなかったはず。・・でもしなかった。これからもターゲットを絞って政治資金規正法を活用していくだろう。
要するに読売は
人によって扱いが違うんだよ、「オカミ」(官僚組織?)に逆らってはいけないよ、と読者に諭しているのだ。天下の木鐸として。

« 米韓FTA「毒素条項」とは言い得て妙 | Main | そううまくいくかな。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49315/53209009

Listed below are links to weblogs that reference 読売は読者に諭しているのだ。天下の木鐸として。:

« 米韓FTA「毒素条項」とは言い得て妙 | Main | そううまくいくかな。 »

Recent Trackbacks