« 新聞記者さん少しは「仕事」をしてください。 | Main | 問題はセシウムではないのか »

09/10/2011

ドラッカー

「企業の目的は利益を上げることではない。顧客の創造である。」ドラッカー
佐々木常夫氏(東レ経営研究所特別顧問)はこれを理解できず罪作りだと言う。読売朝刊9月4日読書欄
顧客の創造などという前に利益を上げなければ企業は存在できない。とお考えだそうだ。で
ドラッカーの(日本人による)解説本を読み漁って安心する。
これらの解説本が出るのはは佐々木氏のような人が多いからだそうだ。
大企業にしかいなかった人が陥りやすい心性がよく表れている。
顧客や従業員や取引先などそして社会や国土などは二の次、なにがなんでも利益を、というわけだ。
ドラッカーはそれを否定したかったのじゃないの?
それにしてもよくこんな文章を文化欄に載せることができたものだ。

« 新聞記者さん少しは「仕事」をしてください。 | Main | 問題はセシウムではないのか »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49315/52697106

Listed below are links to weblogs that reference ドラッカー:

« 新聞記者さん少しは「仕事」をしてください。 | Main | 問題はセシウムではないのか »

Recent Trackbacks