« 無人機 | Main | 結論:鉢呂は有能だけどドジだった »

09/13/2011

グローバルスタンダード

1、グローバルスタンダードとは日本国内でしか使われない言葉だが、要はアメリカンスタンダード・プラス・ヨーロッパ(EU+北米)スタンダードのこと。

2、農家個別所得補償・こども手当て・高速道路無料化はこの意味でまさにグローバルスタンダード。
官僚機構と一心同体のマスコミはこれを隠している。
電力開放やスマートグリッドの推進も事故前から言われていたことも忘れてはならない。
そしてこれらが潰されたため日本の競争力の復活の機会は奪われてしまった。

3、金融・電力・北米市場輸出企業などはアメリカ(目に見える窓口は国務省)の意向のままに動く。
官僚機構・マスコミは言われなくても日本よりアメリカの利益を優先して行動する。

4、FTAやEPAは個別の国対国の交渉で決まるのでTPPとは別物である。
TPPは環太平洋と頭に付いているが、日米の貿易額が突出している。(韓国は不参加)
TPP交渉ではアメリカ主導に代わってから金融・サービス(弁護士や医療など)も含まれるようになった。

5、今のアメリカで競争力を持つのはこれらの金融・サービスのみ。
アメリカの一部農産物や一部流通は強いがすでに日本に上陸しているのでTPPとは無関係。

« 無人機 | Main | 結論:鉢呂は有能だけどドジだった »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49315/52719800

Listed below are links to weblogs that reference グローバルスタンダード:

« 無人機 | Main | 結論:鉢呂は有能だけどドジだった »

Recent Trackbacks