« 面白くなってきた | Main | NHKの「誤報」 »

08/27/2011

社会人・大人・人間

原発の事業者側には、過去に津波対策の堤防の嵩上げや、全電源喪失時でも冷却ができる重力式の給水装置が検討されたことがあったが、それを実行すれば今までは安全ではなかったのかという追求を受けることになり、実現しなかったという話があります。安全神話がより高い安全性を目指す技術的改良を阻んだというわけです。
 むろんこれは事業者側の弁解・言い逃れという感が強いのですが、まったくそればかりとは思えません。この安全神話の成立には情緒的な反対論が関係しているように思えるからです。
http://homepage2.nifty.com/kamitsuki/ 噛みつき評論

この手の言い方をよく聞くが、まともな社会人というか自分の仕事に責任を持つ大人がいなかっただけでしょ。
これでは危ないと思ったら他人からどう思われようとできる限りの対処をするのが一人前の人間だと思うのだけど。
・・・昨今は違うのかな。

« 面白くなってきた | Main | NHKの「誤報」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49315/52582094

Listed below are links to weblogs that reference 社会人・大人・人間:

« 面白くなってきた | Main | NHKの「誤報」 »

Recent Trackbacks