« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

07/29/2011

落しどころ優先

西洋型というより、日本以外の国のほとんどの人は前提、目的の確認を重視して、日本人だけが議論のステップをスキップすることが多い。「落しどころ優先」で、時には、進めてきた議論の途中で合意したことまで「水に流し」、落しどころとのすり合わせに気を遣う。つまり、途中で安易に捨て去る合意はそぎ落とすべき「バリ」であると日本人は考え、日本以外の人たちにとってステップごとの合意は残すべき「構造物の1つ」なのだ。
「これじゃあ、日本のモノが売れないはずだ!」から抜粋。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110725/221670/

会社ならこの「日本式会議」でうまくいくところもあるかもしれない。が
ボランティア団体のような本来合意で運営していくべき組織でもやってしまいそう。
「鶴の一声」というのもあるな。

07/27/2011

ICRPの防護原則

東電が損害を出して、その損害を回復することが便益なら、他人に危害を与えても、病院に連れて行けば怪我をさせたことは相殺するという奇妙な社会になってしまいます。
「被曝を上回る便益」とは、「事故がなければ、被曝はせず、自分の学校から通うことができた」ことを基準にした便益でなければ、「益」とは言えないでしょう。
ICRPの防護原則は、「放射線を浴びることによる損失に対して、利益がなくてはならない」ということであり、それを国民に説明することこそが専門家のもっとも大切な役割だからです。
政府と電力の反撃に備えて(2) 被曝の損害と便益 (武田邦彦)より抜粋
http://takedanet.com/2011/07/post_bd4a.html

文部科学省が放射線被曝容認値を20倍にしたのなら文部科学省は20倍の便益を与えなければならないということ。
大学卒業まで東電と文部科学省予算で全額出す、くらいでやっと釣り合うか。


07/26/2011

うそ!

東京電力「(東電以外の)発電所だって計画停電の対象です。例外はありません。」
これホントの話らしい。

東電支援法案可決

原子力賠償支援法案、民主・自民・公明・たちあがれ日本の賛成で衆院委で可決 http://dlvr.it/ccwlb
特捜よ出番だぞ、こいつらのインサイダー取引。

07/22/2011

スーパーコンピュータ

なるほどね。その通りだな。
フクシマの爆発での核生成物質の飛散予報を出さなかった(出せなかった?)スーパーコンピュータに存在価値は無いか。

07/21/2011

5%

イタリアの危機が深刻化すれば、同国の負債の「通貨」(ユーロ・つまりイタリアは自由に通貨を増発できない)については沈黙を保ったままで、「対内債が中心のイタリアさえ破綻した! 日本が対内債だから破綻しないなどということは有り得ない」などというミスリードが、マスコミを賑わすことになるだろう。あまりにも明々白々なので、今のうちに予告しておく。三橋貴明
http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2011/07/21/013289.php

円建の国債だから日銀が円を刷って買えばいいのだからデフォルトはありえない、ということ。
インフレにはなるかもしれないけど。
本来、復興にカネがかかるのだからインフレにならないほうがおかしい。
インフレにならないとしたら、財務省がカネを出し渋っているということ。
今のこの状況で増税とか言っている、庶民のためには舌をだすのもいやなわけのわからん連中。
もうそろそろインフレになって名目金利が5%くらいになってもいいのじゃないか。
取り決めのない借金も5%、税金が遅れても5%、もっとも予定納税の還付金にも5%上乗せされるけど。

07/01/2011

田中秀征

“原発”まで延命策の1つなのか!? 歴史に名を刻むであろう菅首相のエゴイズム|田中秀征 ダイヤモンド・オンライン  http://diamond.jp/articles/-/12931

代表選での対立候補の肝の据わった覚悟の演説と菅の演説との差。
その場しのぎ、思いつき。
あなたならあのとき分かったはずだ。
単に昔の仲間だから応援し、かたや昔の敵だから忌避したのなら情けない。
(検察マスコミの懐に抱かれていたのなら仕方ないが)

そのとき支持したのに今になって菅に文句を言えた義理か。
田中秀征・・・たいしたことなかったのか。
唯一の「魁」の良心の部分だと思っていたのに。

« June 2011 | Main | August 2011 »

Recent Trackbacks