« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

04/27/2011

サマータイムブルース

http://www.youtube.com/watch?v=pc_3yi8URZQ
サマータイムブルース 忌野清志郎

04/26/2011

保安院・東電の会見

保安院・東電の会見
外国記者向け会見にとうとう一人も来なくなった。
むしろこれが正常。これ以上嘘の上塗りを聞いても意味がない。
記者クラブの満員盛況こそが異常。


04/25/2011

副島隆彦氏

副島隆彦氏 http://www.snsi.jp/tops/kouhou/1492
少々アヤシイ人だけど、口だけの人ではないことだけは確か。
福島第一原発正門まで行って放射線量を測ってくるなんて。

少なくとも、GE製緊急冷却装置を国産に換えておけばよかった。
・・・この視点も他では見当たらない。

緊急公開

高レベル放射性廃棄物最終処分場 ドキュメント映画「100,000年後の安全」
 http://www.uplink.co.jp/100000/

04/19/2011

東電なぜか日本では非公開 

http://www.tepco.co.jp/en/news/110311/ 東電英語サイト

http://matome.naver.jp/odai/2130317643384065001 東電英語サイトの画像まとめ byキタキタ親父さん

日本では非公開。まあそういう会社。

ベクレルとシーベルト

ベクレルは物質量を見て飲み食いを注意。シーベルトは総線量1シーベルト=1000ミリシーベルトが致死的なエリアに近い、といった「正しく恐れる目安」への感じ方を、普通に持つのが重要と思います。伊東 乾
日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110418/219477/?P=1

以下のようなことで合っていると思うのだけど
ウラン(とプルトニウム)の核分裂で出る中性子の熱エネルギーで水を沸かして水蒸気を作りタービンを回して発電する。要は蒸気機関。ここで発生するのが「アルファ線」
熱効率が劣化した(だからまだウランは残っている)ものが使用済み核燃料。再処理=ウラン濃縮(遠心分離機にかける)したいけどコスト的にも引き合わないので溜まる一方。
同じように廃炉には作るより金がかかるので原子炉も増える一方。
使用済み核燃料からは生成されたヨー素やセシウムなどの同位体から「ベータ線」が出て発熱を続けている。安定した元素になるまでそれが延々と続くので水で冷やし続けなくてはならない。
そしてもうひとつ出るのが「ガンマー線」で遮蔽が困難。なにせ見えないので作業には感知器携帯が必須となる。
以上が放射線。
放射線を出す物質が放射性物質。ヨー素、セシウムなどの同位体(健康被害は様々)と
海水の塩に中性子が当たって生成された塩素同位体とナトリウム同位体(予測・詳細は不明)。そして
プルトニウム、ストロンチウムなどの核分裂による生成物質(体内に取り込まれたら致死性)。
大丈夫と言った学者には是非食べてみていただきたい。

04/18/2011

夜間電力

http://www.taro.org/2011/04/post-982.php 河野太郎
なるほど。
電気は貯めることができないのだから、消費電力の少ない夜間の節電はしなくてもいいじゃないか、
というのは確かなのだけど
最低必要電力量が嵩上げされるということはまさに
原発増設につながってくるわけだ。

節電じゃなくて電気使用自粛と呼ぶべき

http://www.tepco.co.jp/cc/press/03041401-j.html
ちょうど8年前とはいえ東電の原発を全部止めても大丈夫だったのだねえ。

04/13/2011

要はやる気の問題

深夜電力利用の揚水式水力発電。用地規制を緩和しての地熱発電。熱エネルギーの出る大規模工場などでのコ・ジェネ義務化。蓄電と送電の高性能化。太陽光パネルよりも太陽熱利用暖冷房・給湯システム。ライトアップや電飾看板の自粛ではなく積極的縮小。・・・こんなことだけで新規原発は見送ることができそうに思うのだけど。

04/08/2011

風評被害2

ハエのとまったケーキはどんなに美味でも食べない。
小田嶋 隆 日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110407/219353/?rt=nocnt
 「風評」が「科学的でない」と、いくら吠えたところでどうにもならない。「評価」というのは、多かれ少なかれ、感覚的なものだからだ。

このあと、もっとすごいたとえ話もでてくるぞ。

04/06/2011

アイデアを生かせない日本 菅、早く決断しろ!

上原春男 佐賀新聞 2011年04月06日
http://blog.livedoor.jp/aoumigame/archives/
51938511.html

枝野は採用すると言ったがまだ発注されていない。

04/02/2011

原発覚え書

危険な旧式原子炉を耐用年数オーバーで使い続け(つい先日決定)、
毒性の非常に強いプルトニウムを混合したMOX燃料を使ったプルサーマルを無謀にも稼動させた。
制御不能という言い訳無用の事態となり、被害は甚大。
安全と言い続けてきた責任は重大。
一方
福島第二と女川も津波の被害を受けながらも本体は無事だったことも確か。

原発を継続して行くことの前提には危険性の高い施設は廃炉にしていくという合意がなかったとは言わせない。
経済性だけの観点から福島第一一号炉を継続させたことの責任はまずもって東電にある。
継続に賛成票を投じた議員たちは全員辞職すべきなのはもちろんのことだが。
旧式だからと廃棄しようとすると、すべからく原発に問題はないという
安全神話信仰にさしさわりがあったからだ、という話もあるが
今回の事態によってやっと廃炉事業が始まるわけだ。嗚呼。

さて、三号炉のプルトニウム汚染水は手に負えないはずだが
いくらなんでもこれは海に流すことはできないだろう。
となると陸上、土壌汚染も極まることになる。

緊急提言

菅より先に、ドケチ与謝野を急いでクビにしないと復興どころか日本が危ない。

どうもおかしいと思った

事業仕分け
公立学校施設整備事業:小中学校舎の耐震化工事など公立学校の施設整備事業を実施する地方自治体向け補助金と交付金で概算要求は計1085億円。学外にある水泳施設整備なども助成対象となっていることが疑問視され、対象事業を耐震化工事に限定し、予算を削減すべきだと判定。

事業仕分けで高校無償化の代償として学校耐震化予算を削った
と、思っていた人がたぶん多数派だろうし、大地震を機会にまたデマが広まるかもしれないので確認。
耐震化予算が地域スポーツセンターや地域スイミングセンター建設に使われている分を削減した、ということ。
公立学校施設整備事業を使うと余計なことに使われるから耐震化には新たに予算をつけたということ。
しごく常識的な話。

« March 2011 | Main | May 2011 »

Recent Trackbacks