« 争点は明確だ | Main | インド洋法 »

07/29/2007

横浜VS東海大相模

http://jp.youtube.com/watch?v=SiS2-t5s4ig

振り逃げ3ラン詳細
2アウト一、三塁で、バッター2ストライクの後、
ワンバウンドの球、ハーフスイング空振り。
一塁塁審に確認で「ストライク」(だけか?)のコール。
横浜の選手ベンチに引き上げるが、
東海大相模のベンチから走れのコール。
三振したランナー含め全員ホームイン。

全員ホームインしたあと主審があわててタイムをかけて審判を集めている映像がある。
つまり、主審が「バッターアウトチェンジ」と言ったからこそそういう行動をとったはずだ。
ワンバウンドとわかっていたらあんなにあわてる必要はないのだから
ワンバウンドではないと判断したということになる。
「バッターアウトチェンジ」と聞かなければ横浜のキャッチャーもファーストに投げたと思うけどな。

審判団は
実際はワンバウンドでもでも主審がそうではないと判断して
「バッターアウトチェンジ」と言ったということを確認したならば
ワンバウンドではないのでただの三振だ、と押し通さなくてはならなかった。

ところで
昨晩このことで論争したのだけど
私は、これでは野球にならない。審判がチェンジと言ったとしたら
その時点でおしまいだ。
A氏は、いやルールはルールなのだから
ルールどおりにやらなくては野球にならない。

まあ、けんか別れしたままなわけだけど。

そうだ。これはスポーツ観の違いだな、と気がついた。

ひとつは
ルールも審判もゲームを円滑にかつ公正に運ぶためにある、という考え方。
だから戦術や個々の能力の問題ではない今回のような場合は
あんなことで3点一度に入るなんておかしいと感じる。

もうひとつは
ルールがあり審判がいるからこそ円滑かつ公正にゲームが行われるという考え方。
ルールブックに照らせば3点入るのは当然だし、
まして審判が合議のうえ決めたことなのだと思う。

いまだにサッカーになじむことのできないおじさんが多い理由がわかるような気がする。


« 争点は明確だ | Main | インド洋法 »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

inch For example , inquire Siri to be able to remind one to do something whenever you arrive at your current destination.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49315/15939325

Listed below are links to weblogs that reference 横浜VS東海大相模:

« 争点は明確だ | Main | インド洋法 »

Recent Trackbacks