10/16/2017

2001~2004

日本以外の候補国が「常任の非常任理事国」になるんじゃないかな。    04.10.15

パパが太陽は右から上がるといっているから、
誰がなんと言おうと太陽は右から上がるのだ。
と言い張っていたのが
どうやらそうじゃないらしいとなったら
パパが言っていたのだからボクのせいじゃない
と言いはじめた子どもと同じだよ、コイズミ。

アメリカが日本だけの常任理事国入りを支持するのもよくわかる。
でも、国際社会はガキは入れないと思うよ。
中国の「反日」に思う        04.9.17
党はトップから地方幹部まで、軍もトップから地方の部隊長までが資本家となり
地位利用と高利貸しとで権力と金力をかき集めている。
都市住民はその走狗となりおこぼれに預かり、農民は搾取の果て流民となる。
これ、北朝鮮ではなく現在の、そして近未来の中国の話。

心中に矛盾を抱えて鬱屈した都市の若者、大学生による「反日」なんてしょせん底が浅い。
もしかしたら領土やODAがからんだ政治主導のものかもしれない。

「靖国」を理由に領土やODAや北朝鮮や人権問題を先送りする、日中両国首脳の連携プレーか。
とりあえず今は経済というわけだ。
国旗国歌法は建て前の法律にすぎないことを忘れるな。(五輪に寄せて)  04.8.19

国旗及び国歌に関する法律

(国旗)
第一条

 国旗は、日章旗とする。

 日章旗の制式は別記第一のとおりとする。
           (寸法、位置、彩色を表示)
(国歌)
第二条

 国歌は、君が代とする。

 君が代の歌詞及び楽曲は別記第二のとおりとする。
          (歌詞、楽譜を表示)
国旗国歌法の条文はたったこれだけ。

日の丸君が代の起立を障害を持っていたり体調のすぐれない生徒に強制したり、スロープをつくってまで車椅子を壇上まで上げさせたり、というのは
天然パーマにストレートパーマを当てさせたり生まれつきの赤毛を黒く染めさせたり、と同じ精神構造。

中国みたいに日の丸君が代にブーイングしたのならともかく、
起立しなかったぐらいでことさら騒ぎたてるのはいかにも子供っぽい。
それこそイデオロギー丸出し。

自国にしろ他国にしろ国旗国歌に敬意を表するのは大人の常識と言っていい。
ただし、それは表面的なものでいいはずだ。
だいたい石原は北朝鮮国旗に敬礼するんかね。

昔オリンピックの表彰台で黒人選手たちがアメリカ国家吹奏のとき黒手袋を突き上げたことがあった。
彼らはそれなりに代償を払った。
公務員たる教師がサボタージュするなら少しの減俸ぐらいはしかたがない。
だからといって、いまさら研修でなにをするんだろうね。

研修で教師には教育長が
「たいしたことじゃないんだから起立だけでもしてくれよ」と」頼めばいい。
生徒たちには校長が
「思想信条を卒業式なんかで表して私に迷惑をかけないで、デモでもしなさい」と言えばいい。
なんでもコイズミのせいにするのはもうヤメたいのだけど          04.8.4

今朝のテレビで中国人の日本の大学の教授が言っていた。
いままで中国でいろいろなスポーツで日本チームが試合をしているが今回のようなことはなかった。
以前の反日教育はもっと激しかったはずなのに。

コイズミの中国に対する態度はナめてるとしかいいようがない。
だいたい、まだ一回も中国に行ってない。怖いんだろうけどね。

自分に省みればよくわかるのだけど
一番頭にくるのはナめられたと感じたときだ。

考えてみれば、コイズミに歴代の首相と違うなんともイヤな感情を抱くのは
言動から、こいつ国民をナめてるな、とわかるからだ。
(自民党が意外に負けなかったのは感性がにぶいからなのか、ナめられ慣れているからなのか)

プライドの高い中国人のようにコイズミにブーイングを。
やる気のある自作と小作の時代               04.7.28

農業を株式会社に開放しようという流れになっている。
そこで論点になっているのが、株式会社に農地の所有を認めるか否かということだ。
「開放論者」は農地所有も借地も企業政策だという。
この言い方は、いづれ状況によっては転用しますよ、と言っているに等しい。
企業性悪説も性善説もとらないが、上場企業が皆お行儀が良いとは言えない。
ここは転用を許さないために借地だけにすべきだろう。

高速道路や年金などの政策失敗を見ればわかるとおり
株式会社の農地所有を認めて,将来転用されて農地が激減したとしても
責任をとる人間はどこにもいないのだから。

選択肢を広げるのはいい事だ。
効率性と大規模化はしばしば矛盾する。
安全性と品質はだいたい正比例する。
大企業のネットワークが優れているとは限らない。
行政を含めた地方のアイデアの出番。

イラク、イスラム「宗教者」委員会代表 外相との会談拒否?        04.7.27

人質解放に尽力したアルクベイシ師が体調不良を理由に外相との会談をキャンセルした。
が、その直後に民主党岡田代表と会談。

日本大使館も副大臣も解決直後に謝意を伝えていないと言う。
「ホッとした。」と他人事のようにコメントしたコイズミがそんな気が利くわけないわな。
確かに、スンニ派と米軍は戦争状態だったけど、それとこれとは別だろうに。
そういうことだからブッシュべったりと言われるんだよ。

アルクベイシ師は日本政府からは接触が何もなかったと明言している。
あのとき米政府や米軍関係からしか情報収集をしていなかった(できなかった)という話があったが
それを証明しているといえる。
(米軍誤銃撃説もある)亡くなった二人の外交官が現地との交渉も情報集めも一手に引き受けていたという。
結果として、政府外務省には人質開放に向けての努力も能力も欠けていたということになる。

アルクベイシ師が日曜にテレビで
自衛隊は一度引き上げて
国連の旗のもと、NGOといっしょにまた来ればいいみたいなことを
言っていたと思う。(同時通訳だから怪しいけど)
多国籍軍の一員でいたいコイズミじゃ聞く耳持たんだろうな。

裁判員制度はやはり大失敗する。          04.7.23

あの橋下(はしもと)弁護士が映画「ニューオリンズ・トライアル」原作陪審評決(新潮文庫)
に即して陪審制度そして裁判員制度の危険性について警鐘を鳴らしている。(7月23日読売夕刊全面広告)
もちろん彼は、国民が気概をもって裁判員制度を推進していこう、と結んでいる。

しかし、暴力団がはびこっている現状では裁判員制度は成り立たないだろう。
というより、暴力団のための制度を作ったということか。

刑事裁判の被告のかなりの部分を占めるのが暴力団。
そして仲間を使い、金も暴力も使えるのも暴力団。
交番の警官さえ関わりたくない暴力団。
国や地方(田舎という意味じゃないです)の権力にも味方がいる暴力団。
金融にいたってはある意味一心同体。

家族も商売も国は永久に護ってはくれませんよ。
暴力団員は全員無罪?

小泉がどうにもムシズが好かない理由がわかった。    04.6.21

私がそうなんだけど、
人間は自分の行動に甘く、
うまくいかないとき自分にいいわけをして自己満足している。
だから、
そんな姿をあからさまに見せつけられると非常に不快に感じる。
少しは反省するふりでもしろよって。

日本には世界でも屈指のテロリスト集団が以前からいて、堂々と事務所を国中に開いている。
概ね、日の丸君が代が大好きで、年金掛金どころか税金も払っていない。
なおも増殖している、というよりアメーバのように一般社会に浸透してきている。
そして持ちつ持たれつ、今の社会体制を支えている。
「政」「官」「財」「学」「報」に「犯」が揃えば、もう万全。
「宗」や「労」はどうなんだろうね。

世論調査6割対3割・・・わかりません        04.5.30

そもそも、金正日氏の命令の下、拉致は行なわれたのではないのですか。
今回全く触れていなかった覚せい剤、不審船も同様です。
お土産付で交渉を犯罪集団の親玉と行なう。
なにかがおかしい。

悪事を自白すると優しくなるのが日本人ということでしょうか。

理念(原則、世界観、歴史観)と能力(交渉、問題点把握、優先順位づけ、説明)はあるけど
意欲とパフォーマンスに乏しい首相より
その反対の首相のほうが良いと思うひとが多いということでしょうか。

ブラックバスのリリースはやはり犯罪的だった。           04.5.22

読売新聞5月22日付夕刊「ほっとさいえんす」欄の「見晴台」(高田史朗記者)「追いやられる雑魚」によれば
琵琶湖の雑魚=小型の固有種たちは環境悪化による絶滅の危機がいわれていたが、
コンクリート張りの水路でしぶとく生き残っていたという。
ブルーギルが入ってこれないから助かったのだろう。
一方、ヨシ群落を再生した岸辺にはブルーギルばかり。
本来の住人、雑魚たちは湖に戻れていない。

ルアー釣り客が再放流し続けていては環境を整備しても無駄ということだ。
この連中は自然破壊が固有種減少の最大要因だと言い張っていたのだ。
本屋としてはブラックバス雑誌も売っているのだ。
内心忸怩たるものがある。
釣り人社の社長さん、リリース禁止に舵をとろうよ。

年金加入はいまや若いひとたちにとっちゃカケだね。    04,5,8

アベちゃんがずっとそう思っていたように年金は任意加入にすりゃいい。
そうでなければ基礎年金部分は税金でまかなうしか手はない。
厚生年金もどうやら時間の問題だな。

「自分はわるくないけど、みんながやめろというからやめました。」
と言ってやめたらいいよ、菅さん。
・・・・・・・・・・・・・・・・

「国の主張が受け入れなくて残念」・・・じゃ、裁判所は国じゃないのか。(朝日新聞「声」より)

福田さんご苦労様              04,5,7

大切な女房役を自由にさせて自分がやめたあとのために準備させておくコイズミはえらい。
いまや破滅寸前のブッシュに、いいわけできないほどずーっと擦り寄って、責任を一身に負っているのもえらい。

アメリカの民間人=実は軍人派遣会社の社員=がなぜ橋に吊るされたのか
なぜそこまでやるのか不思議だった。

刑務所で行なわれたような虐待は情報を得る為だったろう。
歴史が語るとおり、戦場では普通のことかもしれない。

拷問を伴う取り調べとか情報収集などの活動は元特殊部隊の有能な兵士がやることがあるが、
すると、橋に吊るされるには吊るされるだけの理由があったということなのだろうか。

こりゃいい理由ができたと周りを包囲して空から無差別攻撃。
イスラエルになにも言えないわなあ。

そういえばこの戦争は
イランイラク戦争でサダム・フセインに荷担した人たちの起こした戦争だったな。

まずは現行憲法を続けるか改正するか国民投票をするのが先決       04.5.3

現状に合わなくなっているところはたくさんあるし
私もいくつか直すべきだとは思っている。しかし

いわゆる改憲論とは憲法9条改正論。
今のままで困るのはアメリカ軍と軍事行動をともにしたい連中だけだ。

国会でも憲法論議がまとまりがつかなくなっているようだ。
そこで、国民投票で改正の絶対支持率(全有権者に対しての割合)が50%を超えたら
本気で議論をして、選挙をすればいい。
超えなかったら参議院に特別委員会でも作ってゆっくりやればいい。

先日の朝日新聞「声」に
「国の主張が認められず残念だ」という言い方はおかしい
では、裁判所は国ではないのか・・・とあった。
いままで何気なく聞いていたのだが
「政府の主張が」とか「○○省の主張が」というべきで
少なくとも報道機関には指摘していく義務がある。
憲法の三権分立の存立に関わることなのだから。

国民年金未納・・・問題点を整理しようよ             04.4.29

まず、厚生省の役人でさえ間違えてしまうほど複雑な体系は早くやめる。
  ・・元厚生大臣が一番危ない。コイズミ自分で調べろよ。
議員年金は労働共済みたいなもののようだから議員共済にすぐ名前を替える。
国会議員は任意加入のあつかいだった。(中川大臣) 
  ・・ならば全国会議員、全元国会議員を調査して、未納は取り立てなくては。
地方議員は大丈夫か

すぐカネのことをいうやつは品性が下劣だって教わってきた       04.4.22

もちろん与党幹事長御両名とその他大勢のこと。
自分たちの仲間には惜しげもなくばら撒くけど
逆らう奴らには舌も出さない。
それどころか、今度はカネよこせだとさ。

パウエル国務長官が言っているように3人の活動も必要なことだ
これが「国際貢献」をしている国や国民の常識
日の丸、君が代を都の職員に見張らせる愚      04.4.11

教師だろうが生徒だろうが私立にいるなら
「公序良俗」に反しない限り、校則には従わなければならないと思う。
生徒はいやならやめりゃいい。

さて公立の場合

通達や指導は校長にだされるものらしい。
管理者である校長にとっては文部官僚や教育委員会は上司であるから
その命令には従わざるをえない。

そして校長は通達や指導を教師に伝えるが、
教育者としての教師には従う義務はない。
それでも、勤務評価は校長が行なうので、ある程度の不利益は覚悟しなくてはならない。

また、生徒の評価は教師が行なうので
君が代斉唱で席を立たない生徒を教師が気に入らないと思えば
マイナス評価を与えるだろう。
教師もいろいろだから、運が悪かったということだ。

ただ、それだけのこと。

国民の公僕たる、ただの文部官僚や教育委員会が
法律や条令や校則に根拠のない通達や指導を
国民たる教師や生徒に押し付けることがおかしいのだ。

日の丸、君が代のために
わざわざ都の職員を派遣してまで卒業式を見張らせるのは
まさに税金の無駄遣い。

怒鳴り散らす都議会議員こそを退場させろ。
年金改革?案             04.4.4

「年金改革案は公明党主導で作成したが
その前提となる予測データは政府の提出したものを使用したもので
公明党は将来予測にはかかわっていない。」
   神崎代表 テレビ朝日スーパーモーニング

つまり、この改革案が失敗したときに
「政府の出したデータがでたらめだったからだ」
と公明党は弁解することができる、ということ。

裁判員制度閣議決定 生涯守秘義務、違反は懲役一年          04.3.2

裁判員には有権者の116人に一人が生涯に一度なるというが
確か裁判員候補者はその7倍ぐらいで、その中から選ばれるはず。
事件の関係者など、はじめから除外される人が結構多いと思われるので、
裁判所に招集されることになるのは有権者の十数人に一人だろう。
検察審査会とは比較にならない確率の高さ。

検事か弁護士がきらったら選ばれないそうだが、
選ばれないようにする方法は簡単、こう言えばいい。
「私は口が軽いのでだまっていられません。」
A級戦犯合祀は気にならない・・気にしろよ            04.2.29

靖国神社にはBC級戦犯も祀られているという。
ならば戦犯一般を合祀した瞬間に靖国神社は変質したといえる。
戦場でないところで亡くなった(殺された)人間を、初めて
意図を持って祀ったということ。
つまり、戦犯=占領軍に裁かれた人々 を祀っている靖国神社は
意図を持って占領軍=アメリカ に逆らい続けているということ。

小泉は
自分がアメリカに逆らっていることになっているとは思っていないだろうが、
そういう論理になるのではないか。
戦後のほとんどを否定したい勢力が自民党の主導権を握り始めたようだし。

元「専門家」の限界     04.2.22

岡崎久彦氏VS寺島実郎氏(テレビ朝日 サンデープロジェクト)

元外交官の岡崎氏は日本には独自外交なんかできっこないと思っているのだろう。
外交官ましてや政治家には全く期待できないというニヒリズム。
だから、「アメリカについていけば間違いない。
意見するなんてもってのほかだ。」なんて言えるのだろう。
親米保守の大部分はそういう思考回路だよね。

でも、その程度の考えしかない人が大使になっていたから
日本外交がこうなっちゃったんじゃないの。

自衛隊だからこそ狙われる        04.2.1


奥(元参事官)大使の「イラク便り」によれば
オランダ軍は民生活動つまり復興支援活動は議会から認められておらず
治安維持活動のみ許されているとのこと。
復興支援活動をやりに来た自衛隊と役割分担がうまくいきそうに見える。

しかし、復興支援にやって来た丸腰の技術者たちを守ることは
治安維持に間違いないだろうが、
同じ占領軍である自衛隊を守ることがオランダ軍にとって「治安維持」なのだろうか。

オランダ軍を頼るぐらいならわざわざ自衛隊を送る必要はない。
あれだけ武器を持っていったのに守ってもらう軍隊。

自衛隊員は言いたいのじゃないか「恥を知れ小泉」
教科書雑感             04.1.31

このページを書き始めるきっかけとなったのは扶桑社教科書への批判だった。
近現代史に関してはたくさんの人が言っているので古代のことについてふれた。

反省したい、
扶桑社教科書だけを槍玉に挙げたことを。
古代に関してはすべての教科書が五十歩百歩であった。
近現代史に関しても所詮論争の域をでていないことが明白になった。

その後各科目のベストセラー教科書から間違いが多数指摘されるようになった。
この教科書問題を契機として大学や在野の研究者が
全ての教科書に注目するようになったからではないか。

どんな学問でもいろいろな説がある以上、
教科書は何倍もの内容が必要ということだ。
脚注でも別ページでもいいし小さな字でもいいが
くわしい内容を入れる必要があるということだ。

「ゆとり教育」とはゆっくり考えること。
比較検討しながらひとりひとりが判断をくだすこと。
また、迷ったままより詳しく教科書以外から知ろうとすることだろう。

クイズ番組をみながら、うそーという問題に突っ込んでいる人って結構いるんじゃない?

青色発光ダイオード発明の対価200億円判決      04.1.30

おびえている経営者もいるし、マスコミも騒いでいるが
これは特殊ケースだということをもっと強調していい。

画期的な発明というだけでなく汎用性が非常に高いこと。
会社、同僚の支援がなくほとんど独力でなしとげたこと。
なによりも中村氏の会社全体への不信による感情的なものであること。

普通は会社命令のもとにチームプレイで研究は行なわれる。
だから、先日の1~2億円程度が上限で、これでさえも特殊なケースではないか。
ノーベル賞の田中さんだってこんなものだった。

会社は控訴したが、もっと払えということになる可能性だってある。
感情的な対立さえ解ければ毎月1億づつ払うようにすることだってできるはず。
私が社長だったら判決を機に和解の交渉を始めるだろう。
企業イメージって大事だと思うのだがね。

驚いたのが弘兼憲史氏の否定的なコメント
取締役になった島耕作氏も上からものを見るやつになっちゃったものね。

松文館成人指定コミックス裁判で懲役1年執行猶予3年判決       04.1.13

東京地裁中谷雄二郎裁判長は思想や意識を考えた
「健全なセックス」をするらしいぞ。

報道では「成人指定」コミックスであることに触れていない。
書店業界の売り場分割の努力は無になったといっていい。

どんな本でも映像でも警察、検察がダメだといえばダメということ。
裁判をやった場合は
裁判官が読んで「わいせつ」だと感じれば「わいせつ」ということ
もともと「わいせつ」に基準なんかないのだから。

 靖国神社雑感             04.1.12

列に並んで、賽銭箱に万札一枚でもいれて、パンパンレイ、
といったところがただの初詣。
SPを引き連れ、カメラの放列の中を、案内されて奥へ、
これぞまさしく公的な参拝。

「自衛隊は軍隊だ」と明言して海外派遣させるからには
首相在任中は靖国神社には行かない、
といったセンスは持ち合わせていないだろうな。

戦場で亡くなった人をまつっているところに
死刑で死んだ人をいっしょにまつるのを
遺族が受け入れてしまうような場所。
旧軍の思い出と
旧軍の階級がそのまま続いているような場所。

東京招魂社からの旧軍の神社というだけのこと。
日本の伝統とも日本文化とも関わりはないのだよ。

東京裁判が公平であったとは思わないが
死刑で死んだ人に、将官だったからかなり多額であろう軍人恩給を
税金から払いつづけることが公平であるとは、もっと思わない。

MXテレビで談志と陳平がこのことについて、
都知事が言いそうなことを言ってた。
そういえば都営テレビだった。
 筆跡鑑定雑感         04,1,3


世界不思議発見で筆跡鑑定が出てきたでしょ。
明智光秀と天海
全く似ていない例とそっくりな例を一つずつ紹介していた。
あんな短い時間で結論が出せるわけがないので
良心的と言っていい。
それに、戦国武将でも僧侶でも
秘書役が書いた可能性を留意しなければならない。

犯罪捜査で筆跡鑑定が「専門家」によって正反対の意見が出されることがある。
血液鑑定などでもあるようだが。
どちらかが大間違いをしていることになる。
こわいことだ。

それにしても
なんでも鑑定団の先生たちは命をかけてるよなあ。
鑑定不能ばかりじゃ番組にならないもんな。

一般的に学問の世界では、有力者の説は
弟子や追随者や習った人が多いので
多数者の説=定説となることが多いが、
それがが覆りそうなときには
「業界」ぐるみの黙殺、無視、シカトとなる。

無理もないね、
生涯をかけた研究が否定されてしまう場合さえある。

そういうときにこそ「アマチュア」の出番がやってくる。
アマチュア=その分野で飯を食っていない人

専門家になる、専門家を育てる、と世の中うるさいけど
専門家バカという言葉もある。

「雑学の専門家」
・・・矛盾してるよな。
2003年の目次

 国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑は墓地ではないそうだ 自民党久間政調会長代理のミモフタモナイ発言 こんどは額賀幹事長代理のとうとう言って

しまった発言 デモクラシーは民主「制」 松浪問題に 政府=セキュリティ会社論 アメリカ人のどこが特殊なのか  

大銀行は頭をすげ替えれば生き返るだろうということでしょ

石原慎太郎さんに質問 ついに結論がでました・・・小泉はくちだけ男だった 共産党は有事法案に関して民主党に質問すればよかったの

に.C14AMS法 教育基本法改正?案 左遷された連中は改革派なんかじゃない、と猪瀬氏は言っている(週刊文春)

「あのひとじゃなきゃいいや」とみんなが思ったという意味で小泉政権成立の最大の立役者の発言

ブレアが支持率が落ちない小泉をうらやましいと言ったそうな朝青龍と旭鷲山が和解? 高速道路無料化案はいいことづくめだ 続・高速道路無料化案はいいことづくめだ

石原発言をテロを容認しているわけではない、と思っている方は・・実はテロを容認している

ウインドウズって使いにくいと思いませんか。 反財界から反官界に流れは確実に変わっている。 高速道路選挙

スネオくんはもっと卑屈じゃなきゃ しかるべきときに? 期待してはいなかったけど 自衛隊派遣最大の問題 今こそ開戦支持の理由を忘れてはならない

今こそ開戦支持の理由を忘れてはならない     03.12.15

フセインが捕まって一つ明らかになったこと。
多分一番難しかったであろうフセインを見つけたことで言えること。
一人の人間よりずっと発見しやすかったはずの大量破壊兵器とやらは
いまだ痕跡すら出てこないということ。

ブッシュは途中からフセイン打倒が主たる目的だと言い始め
大量破壊兵器にはついでにしか言及しないようになっていた。
しかし
小泉は大量破壊兵器、大量破壊兵器と言いつづけていた。
このことを忘れてはならない。
曰く、
「大量破壊兵器が見つからないからと言って
 大量破壊兵器がなかったことにはならない。
 フセインが見つからないからといって
 フセインがいなかったことにはならないからだ。」
アメリカ政府の報道官かなにかが一回だけ軽く使った言葉でしょ。
馬鹿の一つ覚え。

日本という国で生きていくためには、
言ったことになんとしても責任をとらなくていいようにするのだよ。
 リーダーを見習わなくちゃ。
自衛隊派遣最大の問題          03.12.13

陸上自衛隊はすでにPKOや兵力引き離しに活躍している。
これらは当事国の了解の上の行動であるし
国連に派遣されて行くようなものなので
どんな武器を持っていこうと国際法上も保護されていると言える。
それでもトラブルを起こさないように苦労しているようだ。         

今度は全く事情が異なる。

自衛隊員が攻撃に遭って反撃し、相手が死亡したとする。
法治国家であるならば正当防衛と言っても、調査は厳重に行なわれるべきだし
だれかが告発したら警察官の発砲と同じで捜査をしないわけにはいかない。
そして起訴されれば裁判所で裁かれる。

なぜなら日本には軍事法廷がないから。
自衛隊は軍隊ではないから。

軍隊というものは殺人や破壊行為を仕事としている集団といえる。
だから軍務中の行為については仮に問題があっても
軍事法体系に則って軍事法廷、軍法会議で裁かれる。

命令違反もまた軍事法廷、軍法会議で裁かれるが
自衛隊員は逃亡してもクビになるだけ。

交戦規定も捕虜に関する規定も明確になっていない。
つまりルールを持っていない集団ということ。
旧日本軍がそうだったように。
期待してはいなかったけど        03.12.10

反対者を言葉をつくして説得しようという意思=誠実さ
反対意見に言及しながら逐次反論を構成していく=ねばり
部分的な引用からは正反対の結論を出せることを認識し、そういうことはしない=教養
イラク人そしてアメリカに批判的な国際社会に語りかける=パフォーマンス

 みごとにどれも欠落した会見でした。

しかるべきときに?                             03.12.7

しかるべきときに説明するんだとさ。
よそのトップはおりにふれ説明してるんだぜ。

ロクにしゃべれない奴がトップの政党に投票した人間が
いまさら説明が足らないと言っているのはどうかと思うね。
最初からわかってるだろ。

民主主義って選挙をしているかどうかじゃないね。
イラクも北朝鮮も中国も選挙で選ばれているんだから。
でも選挙制度が問題という人もいるだろうけど日本ほど定数が不均衡なところもないんだぜ。
民主主義っていまや、
どれほど多くの情報や政策をことあるごとに国民に報告しているかだね。
内容はともかく、ブッシュは小泉みたいにえらそうにしてないし、もったいぶったりしてないね

しかし、小沢一郎も口が重いトップになりそうだな。

スネオくんはせめて卑屈じゃなきゃ       03.11.27
ジャイアンにいつも引っ張りまわされているスネオは
自分がどう見られているかをわかっている。
だから胸は張らない。卑屈にもなる。いいわけもする。

なにを言いたいかはお分かりでしょう?
みなさんは逆切れするスネオを選んでしまった。

いままでは自民党が増えると共産党も増えていた。
まさに批判勢力を増やそうという力学が働いていたのだろう。
今回自民党は議席は増えなかったが比例の票は増えた。
しかし、共産党は惨敗した。

なぜ「批判」で済んでいたかといえば
官僚にやらしておけば日本は動いていたからではないか。

いまや
官僚制度が日本にとってむしろマイナスになっている。
もう、「批判」じゃおっつかない。
そのことに気づいた人が民主党に移ったのではないか。

高速道路選挙        03.11.2

あえて高速道路選挙と名づけたい

自民党と民主党の「政権公約」「マニフェスト」似たようなものに見える。
どの項目も細かく見ればだいぶ違うのだけど。

ただ一点
高速道路だけは全く異なる。
「民営化」を選ぶか「無料化」を選ぶか、
この国の将来を決定する
と言っていいほどの象徴的な意味を持っている。

「高速道路無料化」は利益配分的、自民党的なるものが破壊される端緒となりうる。

面白いのは
ライオンちゃんが高速道路無料化案を選挙目当てといっていることだ。
もともと高速道路を通すことがが最大の選挙対策であることは明白なのに

ただほど高いものはない、と言う。
確かにそうだ、常に見返りを求めるメンタリティの人たちにとっては。

反財界から反官界に流れは確実に変わっている。      03.10.26

規制が邪魔だったり、世界市場が相手だったりするまともな経済人にとって今の体制を不満に思うはずだがね。

それにしては細川政権誕生前後と打って変わって、テレビや新聞が政権交代にあまり好意的でないのはなぜか。       

今回もし民主党政権ができたら、一番困るのは
高級官僚と、元高級官僚。

そしてマスコミが一番怖いのはその、役人たち。
ウインドウズって使いにくいと思いませんか。    03.10.9

今また、マイクロソフトと提携したことで注目の的となっている
トロン。
1980年代ウインドウズがまだ国際標準となっていないころ
当時の橋本首相の自民党がアメリカの圧力に負けて
日本製のトロンを支援しなかったためにそれからの日本は大損害をこうむった。

自民党政権が日本経済のためになっていたかどうかは
意見の分かれるところだろうが
こと、こういった新しい事業、研究にかんしては
党や官僚のなかにアメリカのために働く人間がいるようだ。
石原発言をテロを容認しているわけではない、と思っている方は・・実はテロを容認している    03.9.20

ばかばかしくて言う言葉が見つからないのでご本人ではなくて「支持者」の皆様へ

こういう人間はテロにあってもしかたがない=すべてのテロがいけないわけではない
必殺仕掛人の世界

かの大統領もフセイン暗殺を指示したように、
良い悪いではなく、歴史というものははテロで彩られている。
だから、本音はともかく
教養のある政治家はこういうことは口がさけても言わないものなのだ。
続・高速道路無料化案はいいことづくめだ     03.8.10

自由党は公団民営化に固執しているようだが
裏金を貯めこんでいる公団ファミリー企業群をつぶし
税金の分捕り分を取り戻すことは
民営化ではできない。
公団本体や公団ファミリー企業群の天下り役員たちをクビにすることは
民営化ではできない
無料化=国有化が唯一の方法。
菅氏は小沢氏にそこのところをよく説明すべきだ。
高速道路無料化案はいいことづくめだ       03.8.2

すいている高速道路もタダとなればみんな使う。
混んでいるところは高くしたっていい。

民主党のいう高速道路無料化案は、簡単にいえば
高速道路4公団の借金は今のままでは増えるばかりだから
早いうちに国が安い金利で借りかえるということ。
宮沢元首相がいうように借り手のいない銀行から低金利で借りてもいいし
国債でもいい。

特殊法人、公益法人、特別会社などで国が補填しているのに
結局は国が尻拭いしければならなくなるようなところは
すべてこういった方法で低金利に借りかえる必要がある。
当然すべて解散。

国家公務員、特にキャリア組の退職後のためだけにあるような
法人をなくすことは
自民党には絶対できないことだけは確かだ。
朝青龍と旭鷲山が和解?     03.7.17

一言でいうと友達になりたくないタイプ
どうも旭鷲山みたいなコスい奴、
子どものときから好きじゃないんだよね。
いるでしょ?
ちょっと当っただけでおおげさに痛がる子ども
なぜかママさんたちや先生のウケのいい子ども

近いうちに国に帰って大統領を目指すんじゃないかな。
ジバン、カバン、カンバンは申し分ないらしいよ。
もちろん朝青龍じゃなく旭鷲山。

ブレアが支持率が落ちない小泉をうらやましいと言ったそうな       03.7.14

こんなマスコミと選挙民ばかりでうらやましいということだな。

なぜ小泉の支持率がこんなに高いのか
・・・メディアが甘やかすからだ(菅直人 現代8月号)
本当は、国民が甘やかすからだ、と言いたいのだろう。
日本人にはやさしい人・・が多いということだね。

給料が下がってもボーナスからも天引きされるようになっても
都市部の人間はそれほど困っていないのだ。
ヨノナカのしくみが変わったらそれこそ困るのだ。

もっと困っている非都市部の人たちに実は選択肢はない。
なぜなら自民党の公認を取れなかったものが
民主党の候補者になっているだけだから。

選挙が近くなると注目を集めるような自民党議員の発言が増えてくる。
問題発言でもオツムを疑う発言でもマスコミに露出すればいいのだ。
ゲーノージンと同じだ。
知名度がすべて。
「あのひとじゃなきゃいいや」とみんなが思ったという意味で
小泉政権成立の最大の立役者の発言   03.7.1     

子供のない親に年金は不要だ、という本音は
自民党少子化問題調査会の会長の立場としては画期的な発言かもしれない。
他の福祉を削って、こどものために国が金を出し、親の負担がないようにする、という
大胆な政策転換の提言の前段階の宣言なのだとすれば。

まあ、いつもの座持ちの失言に過ぎないだろうけど。

左遷された連中は改革派なんかじゃない、と猪瀬氏は言っている(週刊文春)  03.6.26

「道路公団にそれほどの債務はない」と言う総裁と猪瀬氏にとって
赤字をあきらかにして、公的資金のほしい「改革派」は共通の敵というわけだ。
でも
公団本体の赤字をあきらかにするとともに、
公団ファミリー企業群にプールされた金額をできるだけ表に出させることが
一番重要なんじゃないの。
ここはやはり、「改革派」の使い方次第でしょ。
ということは、任命権者が代わらなきゃね。
教育基本法改正?案        03.6.22

「国を愛する心」を教えることが
ひいては他の国を、世界を愛することにつながる、という。
でも
ことさらに「国を愛する心」を教えることによって
自国の文化やリクツを他の国や世界に押し付けることに
痛みを感じなくなるのでは?
昔のこの国や今のかの国のように。

公共心を教えるのに
「関係ないじゃん」と言わせないようにするには
まず、大人が自分勝手なことをしていないとこを見せなきゃ。
ねえ、日本を担っていると自負し、
その実、自分たちのために頑張っている大人の皆さん?
C14AMS法で弥生時代のはじまりが五百年遡った           03.6.22

サンプル数が少ないので教科書の書き換えはまだ先だろうが。

弥生時代の始まりがが紀元前10世紀ごろだとすると
早期遺跡に鉄器があるのはおかしいというひとがいる。

  弥生時代早期といわれる福岡県の曲り田遺跡から
  鉄器が発掘されているのだが
  紀元前8~9世紀ごろということになると
  矛盾するといっているひとたちがいる。

  鉄器といっても板状鉄斧といわれるかたまり1点のみ。
  同時代と思われる他遺跡からは発掘されていない。
  それどころかそれから百年ぐらいあとの遺跡にならないと鉄は出てこない。

  当時の中国に、世界に鉄器がなかったわけではない。
  普及していなかっただけ。
  船で往来していたのだから
  わずかな鉄器が来てもおかしくない。
  鉄器を持って移住してきたかもしれない。

  少なくとも、あるのがおかしい、というのはおかしい。
  なにかしらコメントをつけてきたのはあなたがたなのに。

これまで土器を基準にしてきたわけだが、
土器編年はどちらが先にできたかがわかるだけだし
それまで使っていた土器様式を全く作らなくなったわけでもない。
土器編年は一応の基準として作り上げてきたものに過ぎないから
鉄器のことぐらいしか反論の材料がないのだろう。
文字がでる前の基準候補ができて喜ぶべきなのに。
研究者の皆さん、とまどっているようだ。

共産党は有事法案に関して民主党に質問すればよかったのに。   03.6.7

   一年後には自分が首相になっているから立派な国民保護法ができる、
   という自信があるんだろうねえ、菅さん。
   自民党にも小泉さんにも、どうしても国民保護法を作らなければ、という気はさらさらないぜ。

   有事法に日本本土、とか領空、領海という文言が見つからないのは見方がわるいのかな。
   自衛隊のいるところ、日本人のいるところ全部ということかな。
   ま、自衛のための戦争は地球の反対側でもできるようだから。

ついに結論がでました・・・小泉はくちだけ男だった         03.5.30

 巨泉さんごめんなさい、やっとわかりました。
 小泉はあなたの言うとおり、ただの、くちだけ男だった。

 今日の読売夕刊の一面
 「道路公団『改革派』左遷」

 ミーハー(古い?)はともかく
 多くの人が小泉を支持した理由は
 特殊法人改革、そのシンボルとしての道路公団改革でしょ。
 民営化推進委員会がまがりなりにも答申を出して
 さあ、これからが見ものだと思っていたら、
 サボタージュ総裁を擁護する国交相に総裁更迭命令も出せない。
 いったいなにをやりたくて首相になったのかね。

 小泉本人が公団から引き抜いてきたという使える人間は
 左遷させるより、むしろ総裁に据えるぐらいじゃなきゃね。
 

石原慎太郎さんに質問       03.5.25

  北朝鮮の拉致や覚せい剤、外国人の犯罪によく言及してますけど、
  これってみんな日本人に協力者がいるんですよね。
  松浪さんも引っかかった例の人たち。

  石原さん、私の知る限りこのことに触れてないんですよね。
  警視庁を使える立場なのだから、つぶしにいけるのじゃないの。

   誰でも命は惜しいよねえ。それは俺もわかるんだ。
   バブル崩壊期に銀行幹部が何人死んだか。
  

大銀行は頭をすげ替えれば生き返るだろうということでしょ     03.5.25

   キノキイタ企業はみんな若返りをしている。
   天下りのいないとこだけど。
   
   上のほうが給料を下げないから下のほうも下げられない。
   上が辞めないから、下も減らせない。
   上のほうの退職金もたくさん払わなくてはならない。

   りそな銀行にとっては良かったんじゃないの。
   ここまでやらなくては頭をすげ替えることができなかったのだから。
   ほかの銀行がやった増資にしても
   上のほうの保身のためとしか見えないものね。

アメリカ人のどこが特殊なのか。      03.5.6

  アメリカ人には、ほとんど現在と未来しかないのではないか。
  アメリカ人には、知識人でさえも、歴史に学ぶという発想があまり見うけられない。
  神が護る国だけに聖書からの引用は別だが。
  アメリカが他のどの国とも違うところは、過去が二百数十年しかないこと。
  普通のアメリカ人にとって独立戦争前後からが「アメリカ史」なのだろう。
  世界地理の知識の程度からするとそれが「世界史」なのかもしれない
  だから、バクダッドの博物館を米軍が守ろうとしなくても不思議はない。

  アメリカ合衆国かアメリカ合州国か。
  州それぞれが一つの国のようだから、また直訳としては
  合州国と呼びたいところだが、
  出身国から切り離された、または切り離してきた人々が造り
  その子孫と新しくそうしてやってきた人々が造り続けてきた新しい国だから
  やはり合衆国と呼びたい。

政府=セキュリティ会社論(重松清)      03.4.30

 セキュリティ会社の社員を信用しているからこそ、
 金をだして契約しカギを預ける。
 個人情報を守るカギを政府の人間に預けて大丈夫?
 住民基本台帳ネットに個人情報保護法。
 政府要人や高級官僚を信用できない私はかなり不安だ。 
    
 本屋にとって雑誌、書籍は飯の種。
 「報道機関」から出版社を意図的に抜いたような法案に、賛成する国会議員、
 それでも日頃お世話になっている国会議員、を応援する人。
 商売より国家秩序を優先させるえらい人。
 出版業界特に書店業界には結構いそうだなあ。

松浪問題に     03.4.22

 福田官房長官の発言=記者会見で (読売新聞4月22日夕刊)
   「暴力団であろうと何であろうと、有権者という意味では国民の一人だ。
   事実関係をはっきりさせたうえで判断すべきだ。」
 同じく                  (朝日新聞4月22日夕刊)
   「暴力団だろうと何だろうと、有権者という意味では国民の一人だ。
   そういう方とどういう関係を持っているかについては、
   その事情や関係の厚みというようなことを勘案して考えるべきだ。」
 言ってることは間違っちゃあいないけどさ、
 この人も暴力団関係者に少なからず世話になってるんだな
 って、思ったのは私だけ?
 


 デモクラシーは民主「制」      03.3.30
    
    「中東唯一の民主主義国家イスラエル」を守るためにも
   アラブ諸国を民主化するのが目標だ、
   とアメリカ新保守派は主張している。
   国連決議を無視していても核武装していても
   アメリカの味方で「民主主義」国家なら守るらしい。

    デモクラシーはイズムじゃないから
   民主「主義」は誤訳で民主「制」だそうだ。
   思想じゃなくて制度ということかな。
   制度の中で一番基本となるのが選挙制度。
   定数の決め方が複雑で恣意的な日本ははたして民主国家なのかなあ。

もう後戻りはできない自民党幹事長発言    03.2.23

   「もし、アメリカが国連の賛同を得られない時は、
  国連より日米安保条約を重視してアメリカ政府を支持すべきだ。」
  ・・・・軍部の独走を追認して国際連盟を脱退したようなものだな。

   やっと勝った大統領(票を数えなおしたらフロリダで負けてたって!)、
  歴史上でもまれという「イデオロギー」主導の政権、
  いまは取り上げられないでいるスキャンダル
  そして再選されるかどうかは五分五分、
   だから、各国政府は物の言い方で保険を掛けているのさ。
  やっぱり外務省はいらないよ。

  ところで、米英日のような査察を信用できないような言い草は
  査察官を侮辱しているようなものじゃないのか。
  米英と違って、査察を受けている立場の日本、プルトニウムが貯まる一方の日本が
  しっぺがえしを食う恐れはないの?
 自民党久間政調会長代理のミモフタモナイ発言        03.2.19

   外務省がアメリカ国務省日本出張所でもかまわんし、
   自衛隊が米軍の一部でもしかたないし、
   政府や自民党がアメリカ政府に逆らえないのもわかるような気がする。
   でも、実質はアメリカの51番目の州というのはかんべんしてほしい。
   市町村合併で住民投票をしているように国民投票をしてほしいくらいだ。

   今日、国連でアメリカ政府の代弁をし、
   日本が援助している安保非常任理事国をアメリカ政府のために説得するそうな。

   中国、韓国への「屈辱外交」なんてフレーズはまさかもう使わないだろうね
 国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑は墓地ではないそうだ      03.2.10

   それはともかく、
  新国立追悼施設をつくるぐらいなら
  ここをそういうところだと決めれば済むことじゃない。
  なにせ国立なんだから。

2001年~2002年の目次

 扶桑社教科書に思う 大和朝廷っていつからあるの? NPО=Non-Profit Organization  田中外相のこと 田中外相のことソノニ そろそろ小泉さんのこと

 田中外相のことソノサン  田中外相のことソノヨンまたは前外相のことソノイチ 新しい教科書を創る会から小林よしのり氏脱会田中外相のことソノゴまたは前外相

のことソノニ 阿南中国大使は職務に忠実だったのに  君が代問題のゲリラ的解決法  靖国神社問題 の(理性的)解決法 国際刑事裁判所設立条約に未署名

まず北朝鮮に捜査官を受け入れるよう要請すべきだ 全国の市民図書館が新旧のベストセラー大量にを持っている(持っていた)ことをご存知ですか?

外来魚リリース禁止に反対する人たち 拉致被害者の子供達が日本に来たら「帰国」なの? 西宮冷蔵の仕事は的確で良心的だそうだ 11月29日家永三郎氏

死去89歳

 11月29日家永三郎氏死去89歳             02.12.09

  家永裁判は長かった。(むしろ永いと言った方がいいくらい)
   家永三郎は左翼ではなく、
  仏教思想に根ざしたむしろ保守的なリベラリストだったという。
   強固なイデオロギーほど継続することは難しく、
  理不尽に対する反骨は粘り強いということだ。
   
   家永日本史教科書と扶桑社教科書は高校の図書室には置くべきだと思うね。
  

 西宮冷蔵の仕事は的確で良心的だそうだ。          02.12.05

  良心から雪印食品を告発し、結果的に倒産に追いやってしまった西宮冷蔵が
  国土交通省から「偽造証明書」で処分されたそうだ。
  そしてそれを口実にしてか、大手食肉会社他から取引を止められたそうだ。
  発覚後すぐに農水省は、西宮冷蔵を表彰すべきだった。
  長いものには巻かれろ。これを中央の役人が一番実践してるんだもの。
  悪貨は良貨を駆逐する。今のままじゃどうしたってこうなるわい。

  とりたてて大口取引があるわけではない。
  役所、学校に入れなくなったら死活問題いうこともない。
  そういう私でも西宮冷蔵のようなことはできそうもない。
  守ってくれるシステムがない。
  
拉致被害者の子供達が日本に来たら「帰国」なの?   02.11.02

 拉致被害者の子供達の立場に立って見ればいい。
 いきなり日本に帰国しろと言われて喜んでくるわけがない。
 いわば特権階級の地位を捨てるのだから。
 それに、日本は危険だ、わけのわからん愛国主義者がいる。
  外務省も案を出したそうだけど
 北京あたりで親子で時間をかけて話し合うというのが一番いい。
 これは妥協でも弱腰でもない。
 北朝鮮に関与させないとか、一ヶ月ぐらいの期間にするとか条件をつければいい。

  長いあいだ、正式な外交ルートを開くことを避け、
  パイプがあるとかでいろいろやっていたのは
  最大党の最大派閥と
  その仲間と
  いまはなき党の実はその派閥と仲良しだった連中と
  声の大きいあの国会議員に牛耳られていた外務官僚であることを
  忘れてはいけないと思う。
  ところで、
  その派閥とずっと昔から仲良くしている党が拉致問題をあまりつつくと薮蛇になるのではないか。

外来魚リリース禁止に反対する人たち  02.10.20
    10月16日滋賀県外来魚再放流禁止条例成立 読売新聞10月20日朝刊
   
 つり人社の社長に数年前2回メールを出したことがあるのです。
外来魚リリース禁止反対の意見を業界紙に載せたので。
返事はありませんでした。
バス雑誌も売っている書店はだまっているべきなのでしょうが。

 環境破壊が在来魚減少の大きな(最大か)原因であることは
論を待ちません。
しかし、それと外来魚を野放しにすることとはまったく別問題です。
少なくとも放流禁止、リリース禁止は受け入れるべきでしょう。
そうしないと、釣り好き全部が無法者と思われてしまいます。
バス釣り好きの人間性が問われているといっては言い過ぎでしょうか。

 解決はむずかしいことでもなんでもありません。
なにしろ外来魚リリース禁止反対キャンペーンをしているのは
「唯一」釣り業界なのですから。


まず北朝鮮に捜査官を受け入れるよう要請すべきだ  02.9.29

 拉致問題の解決なくして正常化交渉に入るべきでない、という人たちがいる。
そう言っている人たちは本当に真相究明をする気があるのだろうか。
捜査官の派遣を見送ろうとしている政府にも真相究明の気概が見えない。
 まず必要なのは北朝鮮が多人数の捜査官を受け入れること。
そして初めて、それを横目でみながらの正常化交渉を進めることができる。
と言って、捜査官が自由に行動することはできないだろう。
だからといって主席のお声がかりがあれば何もできないわけではない。
制約のなかで真相に迫れないような日本警察ではないだろう。
全国の市立図書館が新旧のベストセラーを大量に持っている(持っていた)ことをご存知ですか?               02.9.29

 図書館の言い分を私なりにまとめてみます。
一、市民サービスーーー市民からのリクエストが多数あり順番待ちになっている限り、要望に答えるためには大量に買わなくてはならない。
二、市民の購買につながる。自分の手元に置きたい本、何度も読みたい本であれば書店で買うだろう。
三、複数買うのは数パーセントにすぎない。
四、地方では書店数が少ない。

 作家たちの言い分もわたしなりに。
一、借りて読んでしまえば本が売れなくなって印税収入が少なくなる。
二、複数購入を止めれば他の本を買うことができる。
三、大量処分に繋がる。資源のムダづかいを行政がしていいのか。

 書店に買出しに行くひまがあったら整理やレファレンスサービスをするべきだ。
  (これは私の意見)

 欧米諸国のの図書館事情は。
一、まず人口あたりの図書館数が日本より一桁以上多い。政府・行政の姿勢が大違い。
二、国によっては、図書館は一般より高く購入している。良質出版の維持、版権への理解に大差がある。

 で、本屋の一員として具体策の提案です。まあ妥協策ですが。
一、発売から一ヶ月間は館外貸し出しをしないよう要請する。
  もともと高額本や希少本の館外貸し出しはしていないはずです。
  新刊コーナーを作ればかえって管理は楽でしょう。
  市民からの新刊のリクエストは一ヶ月たってから受け付ける。

二、その上で一ヶ月以内に買える一館一点あたりの許容数を提示する。
  お忙しいでしょうが、作家の先生方に市町村立図書館ごとに、人口、図書館数を勘案しながら決めていただく。
  一ヶ月以内の館外貸し出しをしないようにすれば大量購入の品目は激減すると思います。

三、一ヶ月たったら何冊買おうが自由とする。
 本当は、図書館も限られた予算を効率的に使いたいと思っているはず。
  一ヶ月たって売れ行きの止まった本はリクエストもないだろう。
  書店にも一ヶ月たてば充分入荷している。
国際刑事裁判所設立条約に未署名    02.8.11

 国際刑事裁判所設立条約にいろいろなんくせをつけているアメリカ政府の気持ちは理解できる。
でも日本政府が署名さえしていないのはいったいどうしたわけだ。
韓国もイスラエルもロシアも署名はしてるのに。
 日本には「軍隊」がないから、戦争犯罪も犯さない、ということ?
こんなことでは自衛隊のPKFへの参加は断られるね
 外国軍隊が侵攻してきて戦争犯罪を犯されるおそれはない、ということ?。
やっぱり有事立法なんか必要ないんだ。
 まさかアメリカが署名を撤回したからなんてことはないだろうね。
靖国神社問題 の(理性的)解決法       02.7.4アメリカ独立記念日
 
 戦後歴代政府は戦犯を犯罪人としていないこと。
  ーーーーをふまえて
 民間の宗教団体であるはずの靖国神社が国と関わりを持ってきたことをまず事実として、政教分離に反していたことを確認すること。
 そして期日を切って政府機関、地方自治体と完全に関わりをなくすこと。
 隣国からの反発は当然なくならないだろうが、政府とはすでに無関係である、と押し通すことができる。
やはりそれなりのアクションを起こさなくては解決しない。
 自衛隊などの殉職者は国の仲介なく、遺族が主体的に祀ってもらうこと。それを批判することはできない。
 政府の人間が参拝するのは、国から一切の便宜がない場合、問題視するのは無理があること。
政教分離とは政府の人間がどこの神社仏閣教会にも行ってはいけないということではないはずだから。
 江戸時代末期の官軍の戦死者から祀っているのだから、お参りにいく日は8月15日より例大祭の方が筋が通っていると思われること。
 わざわざ8月15日に行くのはあくまで個人の勝手であって、またそれをおかしいと言うのも勝手ということ。
 官軍とはつまり天皇の軍隊だから天皇家が関わりをもつのは、しかたがないとも言えること。
 
 千鳥ケ淵墓苑を、
 日清戦争から終戦まで日本が関わった外国との戦争の全戦争犠牲者にお参りするところとしたらどうだろう。
 終戦後も抑留され亡くなった方は問題なく戦争犠牲者だろう。しかし、東京裁判の刑死者は含まれない。
 全国戦没者追悼式にはA級戦犯の遺族も招かれているそうだから、そこで我慢してもらおう。

以下靖国神社関係資料より抜粋

占領が終わると同時に、遺族会や生き残った戦友たちから、国の為に亡くなった戦没者を早急に靖国神社にお祀りすべきだという議論が沸き起こった。 しかし、彪大な数になる支那事変や大東亜戦争の戦没者を選考するなど、民間の宗教法人となった靖国神社には到底不可能なことです。それで、陸海軍省の後身である第1、第2復員省に始り、そこから復員業務と遺族の援護業務を引き継いだ厚生省が、この問題を担当することになったわけです。厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。そして、厚生省と都道府県が選考した御祭神を「御祭神名票」というカードに記入して靖国神社に送り、それに基づいて、靖国神社は御祭神を合祀する。戦後は、こういう一種の「官民一体の共同作業」によって、靖国神社の合祀がなされてきたのです。

 もう一つの問題は、支那事変から大東亜戦争にかけては、日本は歴史上はじめて総力戦を経験したわけですから、以前のような選考基準では範囲が狭い。それで、御祭神の範囲を広げざるを得なくなってくる。しかも、選考の基準にはきちんとした法的根拠がなければならない。そこで、「戦傷病者戦没者遺族等援護法」と「恩給法」のいずれかに該当する、という基準を立てた。
 その「援護法」と「恩給法」自体の適用範囲が広がります。戦前のように軍人・軍属やそれに類する者だけではなく、例えば徴用された船舶の乗組員であるとか、空襲警報下に避難誘導や防火に努めた警防団員だとか、あるいは国民義勇隊の隊員なども含められるようになった。  そうしたなかで、いわゆる戦争犯罪人として処刑されたり、獄死されたり、あるいは裁判中に自決された方々も、「援護法」と「恩給法」の対象のなかに入れるべきだという議論が高まり、昭和28年8月に成立したこの2つの法律の改正によって、戦犯の遺族にも戦没者遺族と同様に遺族年金、弔意金、扶助料などが支給されるようになります。しかも、講和条約発効後も収監されていた有期刑や無期刑の方々は、昭和33年には全員が釈放され、そうした元受刑者本人に対する恩給も支給されるようになった。
例えば、恩給法を見ますと、恩給権の消滅事由のなかには、「本人の死亡」と並んで「懲役乃至は禁固に処せられた者」という事項もあるのですが、先に述べたように、戦犯は恩給権を失ったわけではない。また、「懲役乃至は禁固に処せられた者」は、選挙権や被選挙権も当然停止されますが、いわゆる戦犯は現実には巣鴨プリズンの中で選挙権を行使していました。つまり、日本政府は戦犯を占領中から犯罪者としては見ていないのです。また、刑死した人々も同様で、その死はあくまでも「法務死」と呼ばれています。
毎年8月15日に武道館で行われている全国戦没者追悼式には、天皇皇后両陛下のご親臨を仰ぎ、首相以下の閣僚が参列し、衆参両院議長と並んで首相が式辞を述べて戦没者に対する慰霊・追悼の気持ちを表わしています。
 その式場には「全国戦没者之霊」という標柱が設けられていますが、その「戦没者」という言葉は、戦没軍人や軍属という靖国神社の御祭神にとどまらず、空襲の犠牲者だとか、終戦時における民間人自決者を含む、全ての戦争の死没者という意味を表わしている。従って、そうした関係のご遺族もすべて追悼式に招かれています。
 同じく、その追悼式にはA級を含む戦犯として処刑された方々のご遺族も招かれている。つまり、A級戦犯も全国戦没者追悼式の慰霊の対象に含まれているということです。追悼式の主管官庁である厚生省としては、厚生行政の一環として援護法や恩給法に基づいて御祭神を選考して靖国神社に通知したことと同様に、戦犯の方も含めた形での全国戦没者追悼式を挙行している。見事に首尾一貫していると言わざるを得ません。もちろん、菅直人さんも厚生大臣だったわけで、所管大臣としてそれに関わっていたことは言うまでもありません。

そもそも千鳥ケ淵墓苑がなぜできたかというと、復員業務に伴って多くの遺骨が政府や地方公共団体のところに集まった。さらに、遺骨調査団によって発掘され、持ち帰られた太平洋地域の遺骨も多数あった。もちろん、亡くなられた方の名前が分かり、遺族が判明すれば、当然、遺族の下に引き取られるけれども、引き取り手のない遺骨がたくさん残っていた。つまり、遺骨が誰であるか分からない場合、また名前が分かっても引き取り手である遺族が判明しない場合、そのような遺骨をまとめて葬るいわば公設の墓地として作られたのが千鳥ケ淵の墓苑なのです。だから、無縁仏のお墓と言っても差し支えないと思います。
 その意味で、アメリカにあるような「無名戦士の墓」と違うんです。アメリカの「無名戦士の墓」というのは、戦場から本当に名前の分からない遺体を複数集めてきて、それをさらに絞って、一つの戦争ごとに一体を埋葬したお墓です。だから、まさしく「無名」の戦士の墓であり、戦死者全体を象徴しているお墓なのです。
 ですから、「無名戦死の墓」に参拝することは、戦死者全体にお参りするという意味を持つ。けれども、千鳥ケ淵の場合は、いわば合葬墓で、名前の分かっている方もいるし、そこにお参りしても、埋葬されている人に対する参拝にはなるけれども、各遺族に引き取られた人達を含めた全戦没者をお参りしたことにはならない

重光葵さんは、A級戦犯として禁固7年の判決を受けたけれども、その後外務大臣までされ、日ソ交渉の立役者でもあった。あるいは、賀屋興宣さんは終身禁固刑に処せられた。しかし、釈放後、衆議院議員になり、法務大臣までされた。
                 (横線2箇所矛盾してませんか?)

君が代問題のゲリラ的解決法
 国旗国歌法が成立した以上、国民特に公務員は君が代と日の丸を尊重せざるをえない。
少なくとも、形式的には。
歌詞を見る限り、もともとは招待者がホストへ贈った賀詞にすぎなかっただろうが、
君が代の「君」が天皇を指していた時代が長いのは確かなので、
普通名詞の「君」である、と言い張っても自己満足にすぎない
 そこで「きみがーよーわ」を「ひのもーとーわ」と歌ったらどうだろうか。
「ひのもと」すなわち日本であるから、より国歌らしくなる。
 日本代表が「ひのもーとーわ」と大声で歌っている姿を見たいな。

阿南中国大使は職務に忠実だったのに  02,5,15

   外務省のことなかれ主義は大昔からのこと。
 亡命者に冷たいのは歴代日本政府の方針。
  私もそうだが、日本人の多数派は外国人の受け入れには消極的。
 政府主導で国民を説得して、方針転換する気がないなら、
 「阿南発言は政府の真意です。日本はこういう国です。自分さえよければいいんです。」
 って居直るしかないんじゃない?
  ヨーロッパのネオファシスト台頭の原因は移民問題なんでしょ。
 すると、現代の普通の日本人もファシスト的体質を持っている
 と世界から見られていると自覚する必要があるということか。
 結構大問題だな。
田中外相のことソノゴまたは前外相のことソノニ  02.04.19

  「ヒラ議員の私を責める前にエライ人が疑惑を説明しなさいよ」
 収拾がつかなくなりそうだから、テレビも新聞もコイズミの弟の疑惑はとりあげないのだろうし、
 コイズミさんも笑ってごまかすしかないのだろう。
  でも、マキコさんのこの言葉、実は日本の男社会にとって、特に勤め人社会にとって致命的なことを言っている。
 エライ人ほど責任をとらないという制度、エライ人ほど損をしないという制度、
 そのために、だれもがなるべく大過なく逆らわず、少しでもエラくなろうする制度、を壊しかねない。
 あたしゃ勤め人じゃないせいか、コイズミ喚問からはじめてエラい順にやりゃいいとおもうけどね。
新しい教科書を創る会から小林よしのり氏脱会    02.04.05

  早い話が、
 現体制を維持していくための政治的な運動であったことに、
 やっと気づいたということ。
  正論5月号をご覧ください。自社雑誌で自らの批判をさせる産経新聞はえらい。
田中外相のことソノヨンまたは前外相のことソノイチ 02.02.22

  今日の朝日夕刊の吉田秀和さん、さすがに鋭い。
 私が勝手に要約すれば、実はマキコさん対「心情米国務省日本分室」との戦いだったのだ。
 官僚をうまく使うということは、官僚の思惑と違う政策や行動は絶対にしないということ。
 特に「心情米国務省日本分室」では。
 「アメリカ様に付いていけば間違いない」と「ムネオ様に逆らうことなんかできない」
 なんと似ていることか。
 あの党の内外の民族派は上から下までえらくオヒトヨシで
 「米益」=「国益」と今でも思っているみたい。
 だから「心情米国務省日本分室」もやりやすかったわけだ。
  多元外交なんて当たり前のことで
 日本みたいにカードゲームを一つのスートだけで勝負しているような国は
 他にはないのではないだろうか。
   これで慎太郎さん待望論が高まるのだろうけどなあ。

田中外相のことソノサン    02.02.03

 マキコサン結局首になりました。
マキコサンのなにが気に入らなかったのか
明らかなミスは除いて整理してみたい。
政策の違いと考え、あえて利権構造は見ないようにしたい。

 1、上納金についてはうまく誤魔化すことになっていたのだろうに。
  前もって福田さんに言われてなかったのだろうか。

 2、ODAは橋本派最後の独占分野。
  鈴木さんにとってNGOは敵でしかない。

 3、北方四島分割交渉にクレーム。
  そりゃあ、これしかやらなかった森さんは頭来るわなあ。
  イワノフがくるから外相を替えただけの話かも。

  ーーーー結局全部政策と言うより利権かあ。
  まじめに考えたのに時間のむだだった。
そろそろ小泉さんのこと          01.11.08

 やらなければならないことがわかっていて
それはいままでのしくみを崩すもので
なおかつ、それを実現させよう、と動く人。
そういう人が一番上にいたことがない。
こりゃあ政府、自民党にとって
とんでもないことだ。
田中さんも中曽根さんも
実は、しくみをより強固にするように励んだだけ。

 小渕さんは気のいい村長さんで
森さんは座持ちのいい町会長さん、
すると小泉さんはさしずめ
町内のうるさ型だな。
「そんなことは常識で考えろ」
「細かいことはいいじゃないか」
飲み屋討論で旗色のわるくなったおやじたちがよく言ってるね

 とにかく信念の人だ。
内閣改造をするとしても、
前内閣からの懸案事項がかたづいたからということで
留任した大臣を替えるだけじゃないかな。
それなら「一内閣は同じ大臣」の公約には
反しないからね。


田中外相のことソノニ   01.10.22

 国務省の秘密の移転先を発表してしまうようでは、
いいかげんにやめてくれとは思うけど、
そもそもマキコサンに「庶民」が期待したのはいわゆる外交じゃなくて
機密費問題で明らかになった外務省の大掃除でしょう。
できると本気で思った人は少ないだろうけど、
与党でマキコサン以外にできそうな人材がないことも確かだった。

 官房への上納から始まったのだから、
官房長官が留任しているかぎり
官房サイドで調査が進むわけがないのだけど、
外務省では、若手を抱きこむなどして
一応の調査結果をだすことはできたはずだけどなあ。

 それにしても共産党以外はやる気がないんだもん。
野党もだいぶもらっていたんだねえ。今も?

 マキコサン
「関係者の協力が得られず私の力では真相を明らかに
することはできません。出直してまいります。」
外交の失敗には触れない記者会見をして
すっぱりやめることを進言します。


田中外相のこと                  01.06.04

 オーストラリアの外相が、田中外相の発言をアメリカに言いつける、と言った!
---外相ともあろう人がそんなばかなこというわけないじゃん、と思っていたら
オーストラリア外相より田中外相あてに、
そんなことはいっていない、とファックスがあったそうな。

 それにしても騒ぎまくった当の会談相手=元首相が、また首相ににならなくて本当によかった。
こんな大事なこと確認しなくっちゃ。やっぱり、少しは英語ができないとだめかね。
通訳が間違ったら大変なことになるもんね。

 マスコミもだめだね。
なにかがおかしいと気づいた人もいたろうに。
これぞ記者クラブ流横並びかね。
 例の発言をリークした人物と、今回わざと誤訳した通訳とはもしかして同じ人なんじゃないかね。
それとも外務省ぐるみ?

 国益より省益を優先する人たちに、このまま外交をまかせていていいのだろうか。
省益というと聞こえがよすぎる。
税金から給料をもらいながら、いかに税金で私腹を肥やすか考えている連中には
全員やめてもらいたいよ。

 外交の継続性?
継続しなければ困るような、国益にのっとった外交をしてきたの?

 で、野党だけど、自民党を追い詰める気が本当にあるなら
成果の望めない内閣不一致を突くより
サボタージュと守秘義務違反の外務省攻撃のほうが効果があると思うけど、
できねえだろうな。
どの党も公務員を敵に回すことなんかできやしないのだから。

 最後にテーマの田中外相なんだけど
もっと言いたいことを言って、やりたいことをやって、やりたくないことはやらないで
そして、自民党の正式機関から罷免要求がきたら
すっぱり辞任して、
無所属になってほしい。
そのあとの内閣支持率が楽しみだ。

扶桑社教科書に思う  01.05.12

    世界で東アジア3カ国もしかして4カ国だけが教科書が国定、検定なんだそうな。
   だったらヨーロッパでやっているように歴史の事実関係の話し合いをするのは
   簡単だろうに。だって政府関係者だけでやればいいのだから。
    両論併記でも三論併記でもいいじゃないか。比べればはっきりする。 
   近現代史は証言者が残っているうちに早くやるべきだ。

    扶桑社教科書執筆者の人間性を疑わざるをえない記述が結構あるが
    秀吉の時代に関しては、けんかを売っているだけだ。
    ただ、どこまでさかのぼってやるかが問題だ。
    だいたい日本書紀,古事記と三国遺事、広太王碑文、
   それに中国の歴史書だけで 実際のところがどこまでわかるのか。
   ーーーー たとえば以下のような考え方もあるよ。
    「任那日本府」
      ミマナは都という意味の古語という。
     (古代朝鮮語と古代日本語がどのへんではっきり分化したのかが不明なのでただ古語と言う)
     とすれば、北方からの勢力に追われ日本列島に移住した朝鮮半島南部(加耶、加羅諸国)の人々が
     故郷を特別視するのは当然であるし、5世紀には最南部はいまだ勢力圏であったかもしれない。
      なお、度重なる戦乱により、朝鮮半島から日本列島に移住してきた人々の子孫は現代日本人の
     かなりの割合であろう。
      ところで 「日本」という国号は8世紀から使い始めていることは日本書紀でわかる。
      しかし8世紀には統一新羅が成立している。
      ということは「任那日本府」があったことは一度もないということになる。

       一番の問題は行政が選んだ、教育委員が
      教科書を採択することにしたことだろう
      いままでと違い教師たちの意見は無視できるようだ。 
      はたして都知事の意向にさからうことができるかな。
     

大和朝廷っていつからあるの?

  00/7/10 読売夕刊記事 [「磐井の乱」朝廷への帰順のしるし「粕屋の屯倉」確認]

  この出来事の意味は戦争の敗者が勝者に良港一帯を割譲した、ということだから

 戦争前に支配関係があったということになる「磐井の乱」「朝廷への帰順」という表現は筋が通らない。
NPО=Non-Profit Organization

 =直訳すれば利益のない組織

 =もっとはっきり言えば、出資者に利益、配当のない組織

 要は、利益がでても全額内部留保する組織で

赤字にあまりならない限り給料をいくら出そうがかまわない。

ーーー日本の法人のほとんどがそうでしょ。


特定非営利活動促進法(NPО法)
 ボランティア活動を始めとする市民が行う自由な社会貢献活動
 保健医療福祉、社会教育、まちづくり、文化芸術スポーツ、環境保全、災害救援、地域安全、
人権擁護と平和の促進、国際協力活動、男女共同参画社会の形成、子供の健全育成、
 知事か政府の監督

 本屋は

利益がなくても、給料が安くても、地域の文化振興に貢献しているのだ、という。

するとNPОみたいなもの?

聞き書き覚え書き
個性=できることではなくできないこと、自分さがし=何をするかではなく何をしないか見つけること

 アイデンテティ=自己確認でも自己同一化でもなく自己承認(勢古浩爾)

 ボランティアでやることはシンプルなほど良いそうだ。

 仕事ができるのに表現がにがてな人にはインタヴューが有効だそうだ。

 人は言葉を使って考えるのだそうだ。
 だから話しもせず、書きもせず考えているひとは、解決を求めていないとみていいそうだ。

 秋のたんぼに赤とんぼはつきもの。
 飛んでなければ農薬いっぱいだそうだ。

 現実主義者とは現状が自分にとって都合がいい人のことで、
 理想主義者とは現状が自分にとって都合が悪い人のことだそうだ


 標準世帯で収入384万までは税金を払っていないというが
 標準世帯とは、大学生高校生専業主婦との4人家族。
 384万じゃとても生活できないそうだ。
 

業界-書店出版-向け

ぼやくしかないのか 02,03,21 
 名誉毀損報道に懲役刑、情報保護法案のうさんくささ、有事立法の性急さ、どーもいやな流れだ。
本屋って私の若いころは(反)(非)体制的な気分を持った人が多かったように思うんだけど、今はどうなのかなあ。
青年が青くなくなっちゃったからね

行政サービスの名のもとに 02,04,23
 読売新聞「本よみうり堂」4月21日
 「娯楽本やヒット作の蔵書を増やして欲しいと図書館に求める意見はほとんど皆無でした。」

この紙面を読むような本当の本好きはベストセラーや話題作ばかり追いかけていないということ。
他に読みたい本はたくさんあるのだから。
 なんでもリクエストに応じて、家庭の内情暴露で売るタレント本なんかをを図書館がたくさん買うから
ほかの本が買えなくなってしまう。すると本当の本好きは困ってしまう。
 引き取り手のないムダなものを大量に生みだしていて、行政サービスと言えるのだろうか。
 10円コピーを置いている図書館もあるそうで、あきれちゃうね。
  

12/06/2011

普天間 やはりはじめはキャンプシュワブ移転だったんだ

「私が沖縄開発庁長官の時に、あの名護移設を決めたんです。当時は比嘉市長さん。比嘉市長さんは職を賭して受け入れを決めてくれたんです。そのときは沖合じゃないんです。あそこにはキャンプハンセンからキャンプシュワブから基地がありますから、その基地の中でなんとか対応できんかなあという思いがあって、まずは名護市だったんですよ」鈴木宗男  産経ニュース12月6日午後
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111206/stt11120618190014-n2.htm
前にも書いたけど、グーグルアースで見れば分かるようにキャンプシュワブの住居部や隣接する諸施設や訓練場は広大なもの。海兵隊のヘリ部隊はここに移転すればいいのだ。沖合いに作るより比較にならないほど安いし早い。
米軍の家族が危険だ、うるさいのがいやだというなら住居などは普天間に持っていけばいい。
もちろん今からでも方針転換は可能だ。すでに現実性がなくなっている辺野古沖合案は不可能。
何年もかかる工事中に海兵隊が米本土やグアムやオーストラリアに移駐するかもしれない。そのとき海だと取り返しが付かなくなる。

11/30/2011

アメリカの住宅ローン制度にこんな穴があったとは

ローンを返済する経済的余裕があるのに意図的に払わない人が出てきている。特に投資目的で住宅を買ったようなケースに見られると。賃貸に出して家賃は自分の懐に入れるにもかかわらず、ローン返済はおろか集合住宅であれば共益費も払わないケースが散見されるようになった。
日本では住宅を手放してもローンの残債があれば返済し続けなければならないが、米国では物件を手放せば返済義務はなくなるのが一般的。だからこうした悪意のある投資家が毎月ため込んだ賃料は手元に残る。「ローンを止めてからどれくらい金融機関から差し押さえがかからないか競っているような人までいる」という。
「住宅不況が変える米国」日経ビジネスオンライン「時事深層」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111128/224571/?P=3
・・・アメリカの住宅ローン制度にこんな穴があったとは。

11/14/2011

そううまくいくかな。

ネガティブリスト・ISD・ラチェット・内国民待遇・最恵国待遇・市場アクセスの六重苦条項
でも、TPPにアメリカが参加していなかったらこれらは日本にとってはほぼ有利。
韓国を見ていてアメリカとのFTAはやばいから
TPPで他国の力を利用しようということなのだろうな。
そううまくいくかな。

11/10/2011

読売は読者に諭しているのだ。天下の木鐸として。

読売11月10日朝刊社会面「ニュースどれどれ」
政治家自身が「今までは報告書の修正で済んでいた」と言ったり、実害がない形式犯だと切り捨てたりしていいのかな。「政治とカネ」の問題を軽くみているんじゃないかと心配だよ。
・・・・秘書や現職議員の元秘書が逮捕され、小沢本人は起訴されて裁判にかけられている。
特捜は今まで政治資金報告書の修正をした政治家や秘書の全員を少なくとも取り調べをしなくてはならなかったはず。・・でもしなかった。これからもターゲットを絞って政治資金規正法を活用していくだろう。
要するに読売は
人によって扱いが違うんだよ、「オカミ」(官僚組織?)に逆らってはいけないよ、と読者に諭しているのだ。天下の木鐸として。

10/28/2011

米韓FTA「毒素条項」とは言い得て妙

 米韓FTAに盛られた「毒素条項」
1.サービス市場は記載した例外以外全面開放
2.牛肉は狂牛病が出ても買い続けろ
3.他の国とFTAを結んだろ、そのFTAの有利な条件をアメリカにも与える
4.自動車の売上下がったらアメリカのみ関税復活出来る
5.韓国の政策で損害を出したら米国で裁判する
6.アメリカ企業が思うように利益を得られなかったらアメリカ政府が韓国を提訴する
7.韓国が規制の証明をできないなら市場開放の追加措置
8.米国企業にはアメリカの法律を適用する
9.韓国はアメリカに知的財産権の管理を委託する
10.公企業を民営化
「以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします」さんの投稿より(初出不明)
ハムスター速報 http://hamusoku.com/ TPPがどれだけヤバイかをわかりやすくまとめたスレ


10/26/2011

高給だから仕事ができるというわけではないよな

「例外はあるが、二十キロ圏内の取材は会社のOKが出ない。行きたい記者もいない」(全国紙社会部記者)
「前例がないので、危ないから現場には行くな。スクープはいらない。東電も刺激したくないから大人しくしていてくれ、と会社から言われています」(民放局社会部記者)
今西憲之氏の記事より

TPP24分野

新聞しか読まない人はまさにツンボサジキ
解説などで報じられているのはTPP24分野の作業部会のうちのごく一部だけ
1.23.24.は進め方だからともかく紙面にでるのは2.4.くらい。
なにしろ米韓FTAで韓国は自動車や電気製品のために不平等条約を受け入れてしまった。
TPPはもっと包括的、いいのかなあ。
まともな経済人ならわかるはず、
日本の政治家や官僚があのアメリカと対峙して日本の主張が容れられる見込みはまず無い。

1.主席交渉官協議
2.市場アクセス(工業)
3.市場アクセス(繊維・衣料品)
4.市場アクセス(農業)
5.原産地規制
6.貿易円滑化
7.SPS(検疫措置かな)
8.TBT(国際規格かな)
9.貿易救済措置
10.政府調達
11.知的財産権
12.競争政策
13.サービス(クロスボーダー)
14.サービス(電気通信)
15.サービス(一時入国)
16.サービス(金融)
17.サービス(e-commerce)
18.投資
19.環境
20.労働
21.制度的事項
22.紛争解決
23.協力
24.横断的事項特別部会

10/24/2011

日経ビジネスFacebookに投稿

>品質や環境の国際標準化機構(ISO)から柔道のルールに至るまで、
他国に主導権を握られた結果、得意分野で不利を強いられてきたのが日本の歴史。
・・いえいえ、交渉の場には参加していたのになんら成果を得られなかったのですから、むしろTPP交渉には加わらず、後で日本にとって得な分野にだけ参加すればいいのです。一度言質をとられたらそれをはねかえす交渉力は持っていないのですから。ましてうっかりあやふやな英語で答えたりしたら。自由貿易を国是とする日本がわざわざブロック形成に加担する必要はありません。自ら市場を狭めるようなもの。アメリカが運転する暴走バスにわざわざ乗る必要はありません。

10/20/2011

なんか変。

「平成9年度など3年間で、7校、のべ12人の教職員が、組合など職員団体の代表として、勤務時間内には認められいない市町村教育委員会との話し合いなどを行っていた。」読売10月20日朝刊
正しい記事であることを前提に、
教員の勤務時間外に行えば教育委員と同席するはずの市町村職員の時間外賃金が発生する。
トータルでみれば高くつくはず。
国が払う分が少しでも安くつけば市町村が多く払おうが会計検査院は関知しない?

同夕刊に新聞広告が全く載っていない。新聞広告の日だからだそうだ。
色々考えさせられる。
新聞広告がなければ誰に遠慮もいらない。
問題のある企業の記事でも書けるし
政府広報がなければ官僚に媚びる必要もない。
(出稿するのは閣僚たち政治家ではなく各省庁の役人だろうから、これを理由に政治家に気をつかうことはなかっただろう)
購読料を値上げしなくてはならないだろうが
給料を半分にすればなんとかなるのじゃないかな。

10/14/2011

米韓FTA

TPPではなく二国間交渉である日米FTAなら、と思っていたのだけど
米韓FTAの内実が明らかになってくると
TPPもFTAも数年は様子見のほうがよさそう。

10/08/2011

単純な話

放射能を付けられそうになった記者の手記がいまだに出ない以上(ペンネーム可)
でっちあげ。

09/28/2011

人知主義裁判

人知主義裁判。供述や証言や状況証拠に基づき裁判官の心証をもって判決を出す。

大岡越前・遠山金四郎、町奉行所での実際の裁きは与力が行ったようだが
当然ながら弁護士はおろか検察官もいないわけで、まさに心証で決められた。
無罪放免になることはまず無かった。
戦前も検察官と裁判官は並んで座り被告と弁護士と相対していた。
検察と司法は一体であったと言っても過言ではない。
もちろん裁判官のほうが上座であった。
戦後の「民主化」から現在に至り、証拠開示・可視化・裁判員制度と
検察に不利になってきたといえる。

どうやら裁判官に、こうなったからには主導権を取り戻さなくては危ういという
「危険な正義感」が芽生えているのではないか。
「私がこの被告は悪人だという心証を得たのだから有罪。」
そして、これはあまり言いたくないが、司法制度の仕組みがそうなっているのだから仕方がない。
「無罪判決をだしても何も得になることはない。」

09/15/2011

結論:鉢呂は有能だけどドジだった

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/19475 長谷川 幸洋 「ニュースの深層」
有能(国民にとって)=官僚には邪魔者。
「(法律に基づく:ここが重要)総合資源エネルギー調査会は私が着任する前の6月段階で、すでに委員の顔ぶれが内定していた。全部で15人のうち3人が原発反対派で残りの12人が賛成派だ。私は事故を受けて、せめて賛成派と批判派が半数ずつでないと、国民の理解は得られないと思った。それであと9人から10人は反対派を加えて、反対派を合計12、3人にするつもりだった。委員に定数はないので、そうすれば賛成と反対が12人くらいずつで半々になる」
発表直前だった。

経済部の記者たちは経産省の官僚とは一身同体であって、
できれば不利益をもたらす大臣を追い落とそうという発想は共通しているものである、
という気構えがなかったのはドジ。
国会対策が長いということは相手は政治家。記者も政治部の政局専門。
官僚とそれと結託した記者クラブの恐ろしさを知らなかったようだ。
死の町発言は質問に答えた感想にすぎない。こんなことではどの閣僚も質問された感想には答えられなくなる。記者たちはそれで構わないのだろうか。感想くらいしか質問できないくせに。
もっとも、感想しか聞くことがないのは芸能やスポーツの記者やインタビュアーにも言えること。
楽な仕事(失礼)。

09/13/2011

グローバルスタンダード

1、グローバルスタンダードとは日本国内でしか使われない言葉だが、要はアメリカンスタンダード・プラス・ヨーロッパ(EU+北米)スタンダードのこと。

2、農家個別所得補償・こども手当て・高速道路無料化はこの意味でまさにグローバルスタンダード。
官僚機構と一心同体のマスコミはこれを隠している。
電力開放やスマートグリッドの推進も事故前から言われていたことも忘れてはならない。
そしてこれらが潰されたため日本の競争力の復活の機会は奪われてしまった。

3、金融・電力・北米市場輸出企業などはアメリカ(目に見える窓口は国務省)の意向のままに動く。
官僚機構・マスコミは言われなくても日本よりアメリカの利益を優先して行動する。

4、FTAやEPAは個別の国対国の交渉で決まるのでTPPとは別物である。
TPPは環太平洋と頭に付いているが、日米の貿易額が突出している。(韓国は不参加)
TPP交渉ではアメリカ主導に代わってから金融・サービス(弁護士や医療など)も含まれるようになった。

5、今のアメリカで競争力を持つのはこれらの金融・サービスのみ。
アメリカの一部農産物や一部流通は強いがすでに日本に上陸しているのでTPPとは無関係。

09/12/2011

無人機

「米国にはこの際はっきりと言っておきたい。我々は米国に無人機攻撃をやめて欲しい。それが第一の要求だ。第二に、CIAの手先としてスパイ活動を行う米国民間会社の傭兵の無法な活動をやめて欲しい。そして第三に、パキスタンの独立国家としての主権を尊重して欲しい。その上で、米国はこの地域に平和と安定と繁栄をもたらすことに関心を払って欲しいのだ」軍事アナリスト(元パキスタン陸軍少将)
「ビン・ラディン暗殺はオバマ失墜の前奏曲だった」菅原出http://g2.kodansha.co.jp/8079/8096/8697/8698.html

無人機の目標を指示するのはあくまで現場近くに居る人間であること、これ忘れがち。
はたして信頼できる人物なのか。
イラクでのトマホークのときもそうだった。
わざと誤爆させるのもあり?

問題はセシウムではないのか

ネプツニウム239とは、2~3日でプルトニウム239にβ崩壊(核変)する核種のことで、つまり、これが大量に見つかったということは、かなりの確率で飯舘村において取り返しのつかないほど深刻な汚染が進んでいるという意味にほかならない。しかも、このネプツニウムは飯舘村に何千ベクレル/Kgという量で存在するという。
日刊SPA! http://nikkan-spa.jp/56272

09/10/2011

ドラッカー

「企業の目的は利益を上げることではない。顧客の創造である。」ドラッカー
佐々木常夫氏(東レ経営研究所特別顧問)はこれを理解できず罪作りだと言う。読売朝刊9月4日読書欄
顧客の創造などという前に利益を上げなければ企業は存在できない。とお考えだそうだ。で
ドラッカーの(日本人による)解説本を読み漁って安心する。
これらの解説本が出るのはは佐々木氏のような人が多いからだそうだ。
大企業にしかいなかった人が陥りやすい心性がよく表れている。
顧客や従業員や取引先などそして社会や国土などは二の次、なにがなんでも利益を、というわけだ。
ドラッカーはそれを否定したかったのじゃないの?
それにしてもよくこんな文章を文化欄に載せることができたものだ。

新聞記者さん少しは「仕事」をしてください。

当然質問すべきであったこと。
「死の町」とおっしゃる意味は現状を見た印象だけなのですか?それとも将来のことも含めた表現なのですか?
放射能がついている服をそのまま着ていても構わないものなのですか?

図に乗る

小沢・鳩山・菅を潰したのは我々だ、とマスコミはペーペーまでが図に乗ってきた。
文字通り、官僚たちの描いた図に乗ってきただけの話なのに。

次に仕掛けられそうなのはどこかな。たぶん
河野太郎かみんなの党。

09/03/2011

バブル

日本のバブルは商業用ビルやマンションとそれに付随する(というか先物買いの)土地取引によるものだった。
そのためバブルが崩壊しても時間がたてば売買取引が成立しやすい。
ところがアメリカのバブルは一般の住宅のローンを組み込んだ債権の暴落によって起きた。
この債権の引き受け手は最終的には国しかないのだろうし
アメリカでは購入した住宅を放棄すればローンが無くなるしくみなので
ローンを組んだ銀行は大量の住宅を持ち(一説にはローン破綻は360万戸)売るに売れないでいる。
ヨーロッパ諸国でも同じ状況がある。

日本では評価額が下がった住宅でも個人個人が律儀に返済をしてきたし返済している。
銀行に非常に有利な制度がこの国を救ったということになるのか。
東日本大震災による二重ローン問題など欧米の方法を援用すれば簡単に解決できる。
無くなってしまった住宅、住めなくなった住宅の残ローンを銀行が債権放棄して
損失計上し、国は処理の仕方は銀行の好きなようにさせればいい。

事業仕分け本番(のはず)

自民党が、マニフェストを撤回しろという理由の一つに
ムダなど見つからなかったではないか、という主張をしている。
レンホーの事業仕分けがいよいよ独立行政法人に切り込もうというところで
震災が起きた。もっともマスコミはすでに無関心を装っていたが。

独立行政法人とその関連会社が事業仕分けの本命であることを
自民党やマスコミだけでなく現内閣も隠しているようにみえる。
官僚のご機嫌を損なわないようにするためにはレンホーに仕事をしてもらっては困るわけだろう。

野田としてもこのまま官僚におんぶにだっこの自民党亜流と言われ続けるのは本意ではあるまい。
党内の大部分はマニフェストつくりに関わってきたことでもある。
震災復興にめどがつくまでの低姿勢だと信じたい。

官僚と元官僚がプールしている資金・資産がどのくらいのものなのかを明らかにしなければ
何も始まらないはずなのだから。
ただ、ムダな不動産の取得や資金運用の失敗で以外に少なくなってしまっているかもしれない。
でも、それはそれで明らかにしなくてはならない。

09/02/2011

演説

説得できるかどうかは内容ではなく声だ、と言う説をオダジマが披露していた。

コイズミ以降、総裁や代表とそれらの候補そして首相が何人も出てきた。
演説、といっても国会や記者会見、「ぶらさがり」も入るか、街頭演説といろいろあるが
聴衆を意識した、目の前の議員や記者や文字通りの聴衆だけでなく
というより、より強くテレビの向こうの聴衆を意識した演説が
コイズミの最大の持ち味であった。
もともと内容にたいした意味がない、ということであれば
コイズミの支持率が高かった最大の要因かもしれない。

さて、
タイプは異なるが目の前の聴衆ではなくテレビの向こうを意識した演説を久しぶりに見た。(聞いた、ではなく)
野田佳彦。化けるかもしれない。

08/29/2011

NHKの「誤報」

いやあNHKの(意図的?)誤報は効いたね。
「馬淵は決選投票では海江田以外の候補に投票する。」
決選投票が終ってから
「馬淵は決選投票では海江田候補に投票する。」
の間違いでした、だってさ。
票差からいくと結果に多大な影響を及ぼしたと考えられる。
このことを書くのは東京新聞くらいだろうから
よく覚えておこう。
天下のNHKもいかに見え見えでもやるときゃやるぞ。

08/27/2011

社会人・大人・人間

原発の事業者側には、過去に津波対策の堤防の嵩上げや、全電源喪失時でも冷却ができる重力式の給水装置が検討されたことがあったが、それを実行すれば今までは安全ではなかったのかという追求を受けることになり、実現しなかったという話があります。安全神話がより高い安全性を目指す技術的改良を阻んだというわけです。
 むろんこれは事業者側の弁解・言い逃れという感が強いのですが、まったくそればかりとは思えません。この安全神話の成立には情緒的な反対論が関係しているように思えるからです。
http://homepage2.nifty.com/kamitsuki/ 噛みつき評論

この手の言い方をよく聞くが、まともな社会人というか自分の仕事に責任を持つ大人がいなかっただけでしょ。
これでは危ないと思ったら他人からどう思われようとできる限りの対処をするのが一人前の人間だと思うのだけど。
・・・昨今は違うのかな。

08/24/2011

面白くなってきた

http://www.asahi.com/politics/update/0824/TKY201108240405.html?ref=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=news_bot_1
公明党方針: もんじゅ廃止、核燃料再処理中止。
幹事長代行が記者クラブで明言したことは重い。
ただ自民党の大勢とは相容れないことは確か。
票を回している自民党議員一人一人に踏み絵を踏ませることになるのだろう。
自民党議員は電力村と創価学会のどちらかを選ばなくてはならなくなる。
これは民主党議員に票を回す際にも同じことがいえる。
電力総連の支援候補は排除することになるのだろう。

この方針に添えば必然的にプルサーマルも中止することになる。
これらのことそして大枠での縮原発に対抗しているのはいまや
利害関係者だけになってしまった観がある。しかし
自民党と民主党では利害関係者が大半を占め
経済産業省だけではない官僚機構、マスコミ、学会、地元のボスたちもまた利害関係者。

ところで、民主党代表選さなかに行われたこの記者会見
候補者は少なくとももんじゅと核燃料再処理については明確にしなくてはならなくなったといえる。

08/15/2011

噴飯物

文藝春秋9月号には野田氏、馬淵氏の代表戦出馬に向けた手記などさまざまなものが載っている。
しかしその中で一番面白いというか噴飯物なのは
海江田万里「覚悟の手記」だ。なぜか。理由はただ一つ。
辞任の手記というものは辞めてから出すもの。

皆さん、大臣が辞める前に辞めるぞって言う手記を見たことありますか?
あったら是非ご教示ください。

08/12/2011

事業部

各事業部単位で持ち回り人事を決めて、本来上司である執行役員には(サボタージュが怖いので)「私が人事権者です。」と言わせ、また
「社長の発言は鴻毛より軽い」と言わせる。
各事業部長以下は組合員として実質的に更迭をさせない。
各事業部単位で別会社を作りポストと資金をプールする。
本来だったら
こんな会社の株主は、事業部制を廃止させて、各事業部幹部を罷免させるだろう。
潰れてしまったら元も子もないから。

結局、問題は
この会社をこのままで存続させようとする従業員と取引先がいかに多いかだな。
特別扱いの顧客もいるし。
経営陣を選出する株主が一番悪い、ってそれはそうなんだけど。

08/10/2011

ばらまき

4Kをばらまきと自民党やマスコミはいうが、実は対象は限られている。
こども・農家・自動車ユーザー・高校生、どこがばらまきなんだ?
対象を絞ることこそを政策という。理にかなっているではないか。
そういうことなら、
自民党は輸出企業とゼネコンと金融と全農などの農業団体を対象にしたばらまきをしてきたということだ。

08/08/2011

地方参政権

地方参政権の前に日本国籍をとればいいじゃないか。
と、私も思っていた。でも
帰化申請には金と手間が予想以上にかかるようだ。
それじゃ特別の事情がなきゃ無理してやらないよな。

とりあえず、法務省と法務省の大阪の出張所に専用の部署を設けて
住民票と身分証明書と面接だけで日本国籍を与えればすむ。
役人がもったいぶりたいのと、行政書士の収入がなくなるだけのこと。

在日が日本国籍を簡単にとれるようになっても
日本人になりたくない人はいてもそれはしかたがない。
ただし地方参政権だけを与えることはない、でいいじゃないか。
地方参政権推進派のみなさん、いかが?

そうそう二重国籍問題だけど、これが大変らしい。まあ
韓国は法務省から通告すれば済む問題だと思うけど。

«これ反論が難しいのじゃないか。

Recent Trackbacks